2017年06月23日

教育にバランスは要らない?

子どもの頃、あなたは何かに夢中になりましたか?

チャーニーは小学校の低学年の頃に、まず、「なぞなぞ」にハマりました。
それが小学校の高学年のころは「推理クイズ」に変化し、中学生頃から「知識クイズ」にハマっていったわけです。
他にも、漫画や映画など、いろいろなものにハマった時期がありました。
そして、その1つひとつは、現在、本を書く上でとても役に立ってくれています。

ホリエモンこと堀江貴文さんが、その著書の中で、こんなことを言っています。

<僕が思うに、日本の「バランス教育」は子どもの集中力と好奇心をそぐようにできている。>
<子どもが一つのことに異様なほどハマると、周りの大人はドン引きして「お前大丈夫か」と揺り戻そうとする。
 せっかくサルのように集中しようとしている子どもの肩に手をかけ、バランスが取れたつまらない人間に矯正しようとする。これでは、好奇心と集中力が育たない。>


たしかにその通りだと思います。
そういう意味では、チャーニーは恵まれていました。
学校の勉強より、クイズばかりやっていたような時期もありましたが、周りから止められることはありませんでした。
まあ、勉強とクイズが少し近いものだったのが幸いだったのかもしれません。
クイズの勉強って、見た目には普通の勉強と変わりないので(笑)。
それに、結局、今になって役立っているのはクイズで覚えたことのほうだったりしています。

堀江さんの言葉に戻ると、算数が好きで5段階評価の5を取っても、その他の教科がオール1だったら、やはり、「他の教科も頑張れ」と、算数熱に水を差されるのが今の日本の教育でしょう。
でも、これがもし、得意な教科が無限大に評価されるとしたらどうでしょう。
つまり、通信簿で、算数の評価に1万点がつくこともある。
そうなれば、もう、他の教科がオール1でも周りは何も言わないのではないでしょうか。

そうやって、周りから雑音が入らないようにして、好きで得意な算数を思う存分やらせてあげる。
「〇〇君は、他の生徒向けの算数の授業は出なくていいから、図書室で好きな数学の勉強をしていていいよ」なんてね。
そうやって、「好きなこと」に、取り組んでもいい環境を作ってあげたら、数学者になって、新しい定理を見つけるかもしれないではありませんか。

出すぎる杭は叩いてならす、というバランス第一主義の教育は、そういう大きく伸びる才能を封じ込める要因になってしまいかねないと思うのですが、いかがでしょう。
せめて、周りに、何かに夢中になっている子がいたら、邪魔しないようにしたいものです。
(参考『多動力』堀江貴文著 幻冬舎)


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:57| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする