2017年03月27日

山下公園の「危険な遊戯」

犬が大好きな遊び。
それは何と言っても、主人が投げたボールを追いかけて、口にくわえて戻るという遊びでしょう。
たぶん、もう本能的に好きなのでしょうね。

さて。
これからお話をするのは、今から10数年前に横浜の山下公園で目撃した犬の話。

ご存じのように山下公園はすぐ目の前が海。
「赤い靴はいてた女の子像」や氷川丸(ひかわまる)があることでも有名ですね。
ここ、いつ行っても、犬を散歩させている人がいる「ワンコの散歩スポット」でもあります。

さて、10数年前の話。
公園で海を眺めていたチャーニーは、突然、「ザブーン」という何かが海に落ちる音を聞いたのです。
最初は子供が海に落ちたのかと思いました。
慌てて音のほうを見ると、そこにはなんと、海面に浮かぶゴールデンレトリバーの姿が。
「えっ? 海に落ちたの?」
と、思ったのもつかの間。
そのレトリバー君、沖の方へ向かって犬かきで泳いでいくではありませんか!
それを見守っているのは、首輪のついたヒモを手に持つガタイの大きなおっちゃん。
どうやら、この人が飼い主のようです。
飼い犬が海に飛び込んで、泳いでいる姿を慌てることもなく見つめています。

ふたたびレトリバー君を見ると、あっという間に20メートルくらい先まで行っている。
そして、そのすぐ前方には、プカプカと浮かぶ赤いゴムボールが……。
ここまできて、ようやくチャーニーは事態を理解できました。

そうです。
それは、このおっちゃんが海に向かって投げたボールをレトリバー君が泳いで取りに行くという「危険な遊戯」だったのです。

見る間にボールのもとに辿りついたレトリバー君。
パクリとボールをくわえると、今度はこっちに向かって泳いで戻ってきます。
今は知りませんが、チャーニーが目撃したときは海から上がることができる一角があり、レトリバー君はそこから無事に帰還。
海から上がると、犬がよくやる体ブルブルで全身の水をきっていました。
レトリバー君からボールを受け取り、頭をなでるご主人。

その後も山下公園には何度か行きましたが、こんなプレイを見たのは、このときが最初で最後です。

あれは山下公園では普通のことなのでしょうか?
つい先日、久しぶりに山下公園にいって、「そう言えば、こんなことがあったなぁ」と思い出したのでご紹介しました。


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

出版記念講演会の感想

今月の9日に豊洲で開催させていただいた、『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)の出版記念講演会。
おかげさまで盛況でした。
このときの感想を、たくさんの方にいただき、もう感謝しかありません。

その一部をご紹介します。(一部を抜粋・原文のまま)

【冒頭「ジェイカレッジ豊洲移転問題」に爆笑。ショートストーリーの天才のお話には終始笑いっぱなしです。アメリカ横断ウルトラクイズでの準優勝、日ハム大谷選手が先生のご著書の愛読者は有名ですが、ベストセラー誕生の裏話は大変有意義でした。豊洲大手企業の方々も仕事の合間に来られてましたよ!!】

【次から次へと著書を出版するネタの豊富さもさることながら、「ビジネスにおいて信頼をどう獲得していくのか」「相手の心に残るエピソードとは何か」などの話は若い学生諸君にもぜひ聴いてもらいたい内容でした。いろいろな意味で勉強になる、そしてさまざまなアイディアを思いつかせてくれる、素晴らしいひとときでした。】

【昨夜は、いま何かと話題の豊洲で出版記念講演会でした。この本、面白いなあと思いながら読了していたのですが、実はボツネタも結構あるそうで、その理由と対策が、出版業界の人間としては興味深かったです。面白くて為になるご講演でした。】

【ご自身の体験談を全てネタにし、笑いを誘い、全く飽きさせることなくあっという間の90分でした。内容は、「エピソード」が持つ無限の力、私が初めて会う編集者と5分で打ち解ける方法、最新刊の編集ウラ話、などなど、こういう風に話を作る? 話をする? 勉強になることばかりでした。】

【著者の大先輩のお話としても、人を楽しませるお話の仕方という点でも学びの多い楽しい時間でした。】


皆さん、過分な感想をくださりありがとうございました。
半分以上はお世辞だとしても、とにもかくにも、少しは楽しんでいただけたようで、お話をさせていただいた甲斐がありました。

また、何かの機会にお話をさせていただきたいと思っています。
そのときもまた、ぜひ、お越しいただけたら嬉しいです。

というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:22| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

そんな偶然あるわけない?

以前に、「小説の書き方」か何かの本を読んでいたとき、こんな言葉を目にしたことがあります。

「小説のストーリーを考えるとき、読者が、『そんな偶然、あるわけがない』と思ってしまいかねないストーリー展開は『あり』か? 『なし』か? その答えは、もし、そのほうが話が面白くなるのなら、『あり』だと思う」

よく、映画やドラマで、「ここで、偶然、彼が通りかかるのは出来すぎでしょ」とか、「これを、彼女が偶然、目撃するのはあり得ないでしょ」という場面を見ることがありますよね。
そういう、場面。
その本の著者によれば、「そのほうが面白くなるなら」という条件つきで「あり」だというのですね。

この言葉、チャーニーにとっては目からウロコでした。
物語を考えるとき、「そうか、そういう『都合のいい偶然』は、迷わずに、『あり』でイイんだ」と吹っ切れたのです。

脚本家の三谷幸喜が、NHK大河ドラマの脚本を担当していたとき、そのストーリー展開について、歴史好きたちから「この2人が江戸で会うなどあり得ない」と批判されたことがありました。
その批判に対する三谷さんの回答は、およそ次のようなものでした。

「2人が江戸で会っていた可能性はゼロではない。だったら、会っていたほうが面白いから会わせることにした」

まさに、チャーニーが本で読んだ考え方を実践していたのです。

もちろん、何でもかんでも、「偶然はありなんだ」とばかりに、無理なストーリー展開を押し付けられたら、読者はげんなりでしょう。
その加減は考える必要があります。
都合のいい偶然の多用は禁物。
でも、「あり」だと、割り切っていると、著者は楽だし、読者も面白い。

そもそも、架空の世界よりも、現実の世界のほうが、はるかに「あり得ない偶然」に満ちていますから、遠慮はいらないのかもしれませんね。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 06:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする