2018年05月01日

漫画家になりたいと言ってみたら

秋田県生まれのその人は、成績がよく、県内の銀行に就職しました。
彼の故郷は秋田のなかではとても田舎で、破格の出世ぶり。
普通なら、そのまま銀行員として一生を終えていたはずでした。

しかし、ある日、同じ銀行に勤める女性が偶然に持ってきた漫画雑誌を読んで衝撃を受けます。
漫画雑誌の名は『ガロ』。
その人は、大好きな「漫画の世界」の進化に驚き、銀行に勤めながら、漫画を描き始めます。
ときに26歳。
その4年後には、自分を変えた雑誌、『ガロ』への漫画の掲載を果たします。

「銀行員を辞めて、漫画家になりたい」

その人のなかで、そんな「夢」が抑えきれなくなっていました。

すでに結婚をしていて、3歳と1歳になる娘がいます。
それが、順風満帆の銀行員を辞めて「漫画家になりたい」などと、とても簡単には言い出せません。
しかし、悩んだ挙句、ついに奥さんに思いを打ち明けたのです。

当然、反対されると思っていたのに、奥さんの反応は実に意外なものでした。

その人が、「銀行を辞めて漫画家になりたい」と告白すると、奥さんは急に笑い出して、こう言ったのです。

「ホホホッ、ついにおいでなすったか」

驚くその人に奥さんは続けます。

「ここで私が反対すれば、あなたは自分が漫画家になれなかったことを愚痴り、一生、自分を責め続ける。目先の苦労より、そのほうが辛い。だから、どうぞやってみなさい」

こうして、その人は銀行を退職。
故郷の秋田県を出て、漫画家になるべく上京したのです。

その人の名は、矢口高雄(やぐちたかお)。
そう、かつての人気漫画『釣りキチ三平』の生みの親である、あの矢口高雄さんです。

矢口さんは、突然の申し出を受け入れてくれた奥さんに感謝をしていますが、もしかしたら、奥さんは「これはヘタに止めても私の言うことは聞きそうもない」と考えて、自由にさせたのかもしれませんね。

いずれにしても、もし、告白のとき、奥さんが反対していたら、矢口さんは漫画家を断念していたかもしれません。
そうしたら、『釣りキチ三平』は世に出なかったわけです。

運命というのは、いつも紙一重。
旦那のわがままを笑って許してくれて、『釣りキチ三平』が世に出るもとを作ってくれた奥さまに感謝です。
(参考『週刊現代』4月28日号「矢口高雄 好きだから続けられる」取材・文 上阪徹)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。



ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:42| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

突然のヘルプメール

何冊も著書があるベストセラー作家であるAさん。
そのAさんから、先日、チャーニーあてに次のような内容のヘルプメールがありました。

「元同級生から『こんな本ありますか?』と聞かれたんですがまったく思いつきません。もし何か参考になる図書があれば教えてください」

くわしく読むと、Aさんの元同級生は、「人材の効率的な配置」などに関する論文を書く予定で、その参考文献を探しているとのこと。

Aさんは、チャーニーが元クイズ王(あくまで元)で、雑学の本も出しているので、「もしや、いい文献を知っているのでは?」と思って頼ってきてくださったのですね。

いやいや、クイズにそんなん出ませんから!(笑)

「困ったときは他人に頼る」がモットーのチャーニー。
「私も1冊も浮かんできませんので、賢者たちに聞いてみますがいいですか?」と返信して、Aさんに許可をもらったあとで、著者や編集者が集まる某コミュニティのフェイスブックにメールの内容を投稿しました。

すると。

数時間で1人の賢者(起業家)から書き込みがあり、チャーニーが一生読まないような難しい本を2冊、ご推薦いただきました。

Aさんに、その2冊を伝えると「さすが、チャーニーさん」と大喜び。
「さすがなのは私でなく、賢者の皆さんです」と返信しましたが、「賢者を知っている人も賢者」との返信が。
さすが、ベストセラー作家はヨイショがうまい。

でも、チャーニー自身では答えが出ない難問も、たちどころに答えを教えてくれる人たちとつながっている恵まれた環境を、あらためて有り難いと感じた出来事でした。

「賢者を知る者も賢者」

たしかにそのとおりかもしれません。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。



ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:48| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

90歳が見た不気味な風景

90歳を超えて、いまだに現役の作家、佐藤愛子さん。

その愛子さんは、「昔の町には音があった」と言っています。
たとえば、近所の子どもの声、どこかの子どもがピアノを練習する音色、石焼き芋屋さんなど物売りの声、「火の用心」の夜回りの声、犬の遠吠え、などなど。

ところが、いつの頃からか、この「音たち」が消えてしまったと。

街を走る車はクラクションを鳴らさなくなり、自転車はチリンチリンと鳴らさなくなり、下校中の小学生たちは何もしゃべらずに黙々と歩いている。

この静かさ。
戦争を知る佐藤さんには、空襲警報が鳴り響いて、人々が息をひそめて、町が死んだように静かになったときの静寂を思い出して、なんとも不気味なのだそうです。

言うまでもなく、近所の子どもが静かになったのも、ピアノの練習音が響かなくなったのも、それに文句を言う人がいて、トラブルの元になるから。
それについて、佐藤さんは、こう言っています。

<(そういうことに)文句をいう人が増えてきているというのは、この国が衰弱に向う前兆のような気がする。>

そんな佐藤さんが不気味に感じるものの1つに、スーパーマーケットのレジ風景画あるそうです。
黙々とレジに並び、黙ってカゴをさし出すお客。
それを無言で受け取るレジ係。
カウンターには「NO レジ袋」と書かれたカードがあって、レジ袋が不用なお客はそれをカゴに入れておけば、袋をもらわなくても済む。

いっさい会話をしなくても済むようになっている。

佐藤さんはそんな風景を見ると、なぜ、声に出して、「レジ袋は要りません」と言ってはいけないのだろう……と思ってしまうとか。
そして、そう思いながらも、同じようにそのルールに従っている自分のことも、「不気味」に感じるのだそうです。

佐藤さんのおっしゃること、よくわかります。

そして、チャーニーもまた、「昔の八百屋さんなんかでは、お客さんと会話していて、心があったよな」なんて言いつつ、買い物のときに、レジ係の人にこちらから声をかけるなんてことはしません。
それどころか、黙っていても買い物ができる、今のスーパーのほうが楽だと感じてしまっているのです。

合理化、効率化と言えばそれまでのこと。

でも、どこかに「不合理で面倒なコミュニケーション」を残しておく余裕もあっていいと思います。
(参考『九十歳。何がめでたい』佐藤愛子著 小学館)


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:35| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする