2018年01月09日

悪印象は「一生モノ」

前回。
「人の記憶というのは不思議なもので、言った本人が忘れている言葉も、相手の記憶にはいつまでも残っていることがある。そして、その会話が初対面での会話だったりすると、そのときに言った言葉が、相手から見た『自分の印象』のすべてになってしまう場合もある」
と、そんな話をしました。

その実例として思い出したことがあります。

ある中堅お笑い芸人。
まだ若手のころ、「自分は周りのお笑い芸人と違って、面白いし、頭もキレる」と自負していました。
たしかに彼は、番組の中で気の利いたコメントをし、司会者からフラれた話の返しもうまく、同世代の芸人たちのなかでは頭1つ抜けたポジションにいました。
天狗になった彼は、若手の番組スタッフとの打ち合わせでは、「どうせ、コイツらは笑いのことなんてわかっていない」と内心で小馬鹿にし、ほとんど話を聞かなかないなど、失礼な振る舞いを繰り返すようになったのです。

そんな彼も、今では、若かったころの自分の態度を反省し、スタッフへの態度もすっかりやわらかくなりました。
しかし、実力があるにもかかわらず、いつの間にか仕事が減り、実力があるのに今もレギュラー番組は1つもありません。

なぜ、そんなことになったのでしょう?

理由は明確でした。
今さら態度を変えても、もう、遅かったのです。

若いころに、彼に冷たい態度をとられた番組の若手スタッフは、そのときの悪印象を何10年も経った今でも昨日のことのように覚えていました。
そして、自分で番組を持つようになっても、「アイツだけは絶対に自分の番組には呼ばない」と誓っていたのです。

若いころの横柄な態度……。

その代償は「一生モノ」だったというわけです。

彼とは逆に、若いころに番組スタッフが失敗したときも笑って許していたあるお笑い芸人は、今、テレビで見ない日はないというくらいの売れっ子になっています。

コワい話です。
天狗になって、相手が不愉快に思う態度をとることが、どれだけ厳しいしっぺ返しをくうハメになるか……。

自分は絶対にそうならないように、心したいと思います。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:08| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

忘れている言葉

少し前に、漫画家をしている友人から次のような内容のことを言われました。

「自分が漫画家になるための登竜門である新人賞をとったとき、その受賞作の原稿を見た君(チャーニーのこと)が、ラストのセリフについて、『このセリフがラストでなかったら新人賞をとれなかったかも。それほど素晴らしいセリフだ』って言ってもらったのを今でも覚えている。そう言ってくれて嬉しかったなぁ」

そんな感想を言ったことをすっかり忘れていたチャーニーは、彼の言葉を聞いて、もう、冷や汗モノでした。
ううっ……。
生意気すぎる……。
彼が気のイイ男で、喜んでくれたからよかったものの、聞きようによっては気を悪くしても不思議ではない失礼な感想ですよね。
アブナイアブナイ。

他にも、こんなこともありました。
チャーニーが、かつて某クイズ番組に出たときのこと。
本番までの待ち時間に、その日に初対面のクイズ好きと雑談をしたことがあります。
その当時、デレビで『料理の鉄人』というプロのシェフが料理対決をする番組が流行っていて、チャーニーは「あれ、その日の料理のテーマ食材がネコだったりしたら笑うよね」と、さんざんジョークを飛ばしていたのです。
で、そのとき会話をした彼と何年も経ってから再会した際、その彼から「あのとき、チャーニーさん(仮名)と、『料理の鉄人』のパロディの冗談で笑ったのを今でも覚えています」と言われたのですね。
そのときも、チャーニーは、自分がそういう冗談を言ったことをすっかり忘れていて、「ひえ〜っ! そんなこと話しましたっけ」と思ったのです。

う〜む。
口が軽すぎる。
というより、調子に乗ってその場で思いつくことを軽はずみに口にして、言ったことを忘れすぎている……。

人の記憶というのは不思議なもので、言った本人が忘れている言葉も、相手の記憶にはいつまでも残っていることがあります。
そして、その会話が「初対面」での会話だったりすると、そのときに言った言葉が、相手から見た「自分の印象」のすべてになったりします。

幸い、漫画家の彼もクイズ好きの彼も、私の言葉によい印象を持ってくれたからよかったものの、逆に悪い印象を持つことも考えられるわけで、「これは注意しなくては……」と思った次第です。

「吐いたツバは飲めぬ」ということわざもあります。
あなたも、「1度口にした言葉」は相手の頭にいつまでも残ることがあるので、ご注意くださいね。
……って、余計なお世話ですね。
注意するのは、口が軽いチャーニーだけで十分のようで。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:53| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

高嶋政伸、「役作り」の秘密

俳優の高嶋政伸さん。

最近では、NHKの大河ドラマ『真田丸』で演じた北条氏政(ほうじょううじまさ)役がとても印象的でしたね。
一見、不器用そうに見えて、実は、「アクの強い人物」から「人のイイ役」まで、どんな役でもこなしてしまう、なかなか器用な役者さんです。
その役作りは完璧で、共演者によると、いつも完璧にセリフを頭に叩き込んで来ていて、ほとんどNGを出さないのだとか。

そんな、高嶋さん。
後輩から「どうやったら、そんなに完璧な役作りをできるのですか?」と質問されると、いつも「『3つのP』を実践しているから」と答えるのだそうです。

さて。
あなたには、高嶋さんが完璧な役作りのために実践しているという「3つのP」が何なのか、わかりますか?

今日は、すぐに答えを言ってしまいましょう。

高嶋さんが完璧な役作りのために実践しているという「3つのP」。

まず、1つ目の「P」。
それは……。

「プラクティス(practice=練習)」の「P」!

次。2つ目の「P」は……。

「プラクティス(practice=練習)」の「P」!

そして、最後。3つ目の「P」は……。

「プラクティス(practice=練習)」の「P」!

そうです。
高嶋さんは、「P」で始まる英単語を「practice=練習」しか知らない!

……のではなく、「完璧な役作りのために必要なこと」はただ1つ、「練習あるのみ!」と言っているのですね。

そう言えば、映画『羊たちの沈黙』のレクター博士役が印象的な名優、アンソニー・ホプキンスも、「台本は100回読む」と言っていましたっけ……。

反復に次ぐ反復。

頭に……というより、身体に何かを叩き込みたいときの最善策は、「practice=練習」の「くり返し」が一番なのかもしれませんね。


いうわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:50| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする