2018年02月05日

「自分を責めてしまう」というあなたへ

ついつい、自分を責めてしまう。
そんなあなたへ。

起業家であり、作家でもある山ア拓巳さんが、チベット仏教のお坊さんとセミナーをコラボしたときのこと。
参加者からこんな質問が出たそうです。

「私はやる気にはなるのですが、それが続かず、そんな自分を責めてしまいます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?」

この質問に対する、お坊さんの回答に、山アさんは感動したそうです。
チベット仏教のお坊さんは、こう回答したのです。

「この地球上の人口の約2割の方は、あなたと同じように、自分を責めてしまう感情を持っていると言われています。
しかし、私は2割ではなく、3割の人たちがそうなのではないかと感じています。
74億(セミナー当時の世界の人口)の内の3割となりますと、21億人以上の方がそういう心の状態にあるということです。
あなたが、今後、そのような気持ちになったときには、世界中の同じ気持ちを持っている人たちが少しでも救われるように、お祈りをしてみるのはどうでしょうか?
少なくとも、そのお祈りの間は、あなたは自分の心の闇に触れることはないと思います」


自分のなかの悩みを消し去るために、「他人のために祈りなさい」とは……。
そんな発想、チャーニーにはありませんでした。

誰かを思って祈ることで、自分の悩みを忘れることができる。
「利他」の精神が、実は自分を救う。
とても深い言葉のように思います。
(参考『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』山ア拓巳著 かんき出版)


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:38| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

たとえポーズでも

「偽善」という言葉があります。
調べてみると「本心からでなく、うわべをつくろってする善行」という意味。
「偽善者」って言えば、普通は悪口です。

でも……。
「偽善者でもいいんじゃないの?」というお話。

かつて日本の首相も務めた政治家、田中角栄さん。
新潟県を地盤に、選挙で圧倒的な強さを誇りました。

何しろこの角栄さん。
選挙カーで地元をまわるとき、田んぼで農作業をしている人を見かけると、革靴と背広という格好でズボズボと田んぼに入っていって握手したそうです。
もう、革靴もズボンも田んぼの泥でグチャグチャ。
靴なんて、一発で使い物にならなくなります。
角栄さん、そうやってドロドロになって農家の人と握手して、にこやかに選挙カーに戻る。
そして、用意しておいた新しいズボンと靴にはきかえると、次の田んぼに向かう。
次ではまた、同じようにズボズボと田んぼに入っていき、農家の人と握手をする。
その繰り返し。

これ、誰がどう見たって、ポーズです。
票が欲しいからやっているパフォーマンスだってことは、農家の人にもわかります。

でも……。

たとえ、ポーズだとわかっていても。
それでも、革靴と背広を台無しにして、自分たちがいる田んぼに入ってきてくれたら、感激しますよね。

チャーニーは、この話が好きです。

お年寄りに席を譲るとか、カフェに1人でいるときに、複数で来たお客が一緒に座れるように席を変わるとか、イイことをするときって、ちょっと気恥ずかしいですよね。
そんなときは、心の中で「あっ、自分なんて、どうせ偽善者なんで」って思うと、恥ずかしくなくなります。
そう思うことで、イイことがしやすくなるのなら、偽善者バンザイです。

偽善による親切だろうが、心からの親切だろうが、行為だけ見れば同じ親切。
親切にされる側にしてみれば、どっちだって一緒。
有り難い話です。

「偽善者でもいいんじゃないの? 何もイイことをしないよりは!」

ということで、偽善者になることを、おおいにおススメします。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:19| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

美意の按配

「美意(びい)の按配(あんばい)」という寓話をご存知ですか?

タイトルの「美意の按配」とは、「何ごとも神様のおぼし召し」というような意味。
いろいろなパターンがあるようですが、かいつまんでお話をすると、それはこんな話です。

『昔、ある小さな国に若い王様とその家来がいました。
家来の口ぐせは、「何ごとも、上天からの美意の按配」。
王様は賢い家来を信頼していて、2人はいつも一緒でした。
さて。
ある日のこと。
いつものように2人でトラ狩りに出たとき、王様は獰猛なトラを仕留めます。
しかし、完全に死んでいなかったため、王様は小指を食いちぎられてしまったのです。
帰り道、「今日は本当に運が悪い」と繰り返す王様。
それを聞いていた家来は、いつものように「王様、これも美意の案配でございます」と言います。
この言葉を聞いた王様、カチンときます。
「では聞くが、もし、私が怒っておまえを殺したとしても、それも美意の案配だというのか?」
「はい、王様。それも、美意の案配」でございます」
自信たっぷりに答える家臣にいよいよ腹を立てた王様は、城に戻ると、その家臣をと牢(ろう)に入れてしまいました。

数日後。
1人で狩りに出た王様は道に迷い、危険な野蛮人が住む地域に入り込んでしまいました。
王様は野蛮人たちに捕らえられ、神様への神聖な生贄(いけにえ)にされることに。
いよいよ、生贄になろうという寸前。
野蛮人たちは、王様に小指がないことに気がつきます。
そして、「不浄な者を生贄にはできない」と、王様を開放したのです。
命拾いをした王様。
なんとか城に戻ると、すぐさま、家臣のいる牢へ向かい、今日、自分に起こったことを家臣に話して言いました。
「おまえの言うとおり、私が小指を失ったのは美意の案配であった。許せ」
「王様、気になさることはありません。それに、王様が私を牢に入れたことも、美意の案配でございます」
「なんと、それはどういうことだ?」
「もし、牢に入れられていなかったら、私は今日、王様と一緒に狩りに行っていました。そして、私だけが生贄になったことでしょう。ですから、これはすべて美意の案配でございます」

いかがでしたか?
「人間万事塞翁が馬(にんげんばんじさいおうがうま)」の故事にも似た話ですよね。
共通しているのは、「一見、悪いことが起こっても、よい方向に転ぶかもしれないからクヨクヨすることはない」という教えです。

チャーニーも新卒で入社して20年以上も務めた会社が無くなりましたが、そのおかげで、今、本を書くことができています。
ほかにも、「えーっ、うそーっ」という出来事が、後から考えると「いい出来事だった」という経験をたくさんしているので、この手の寓話はとても腑に落ちるのです。

あなたも、「運が悪いなー」という出来事に遭遇したら、この「美意の案配」という言葉を思い出してみてください。
そう思うことが、余計にイイ展開を引き寄せますぞ。

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:31| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする