2017年10月16日

阿川佐和子、連載エッセイの悩み

今や、大ベストセラーエッセイストであるタレントの阿川佐和子さん。
先日、テレビを見ていたら、「雑誌から初めて連載エッセイを頼まれたとき」に、引き受けるかどうか、たいそう悩んだという話をされていました。

自分に連載のエッセイができるのか?
連載に穴を空けてしまうのではないか?
書くことが無くなってしまうのではないか?

そう悩んだ阿川さん。
親友であり、すでに連載エッセイを経験している女優の檀ふみさんに「連載エッセイはツラいのではないか?」と疑問をぶつけたのです。
阿川さんから相談を受けた檀さんの回答は次のようなものでした。

「たしかに、毎週連載の原稿を書くことは、それはそれはツラい。本当にツラい」

その言葉を聞いた阿川さん。
あっ、やっぱりそうなんだ。これは、連載の依頼はお断りしようかな、と思ったのですね。
しかし、檀さんは、こう続けたのだそうです。

「でも、(週刊誌の連載を持っていると)週に1回、必ず幸せになれる」

檀さん曰く。
「連載の原稿を書き終えた日に、『これほど幸せな気持ちはない』という思いになる。そんな幸せが週に1回、必ずやってくるのは、とても楽しみだった」

この言葉を聞いた阿川さんは、週刊誌からの連載エッセイの依頼を引き受けることにしたのだそうです。
そして、実際に連載エッセイを経験してみて、「まさにそうだった」と思ったのだそうです。

作家(阿川弘之)の娘であり、大人気エッセイストの阿川さん。
さぞや、書くことは得意なのだと思いきや、親友のそんな言葉に背中を押されてのスタートだったとは。
少し意外でした。

チャーニーは、文章を書くこと自体が好きなので、「書くことが苦しくて苦しくてしかたがない」という経験は(有り難いことに)ありません。
とは言え、そんなチャーニーでさえ、1冊分の原稿を編集者に送った日は「終わった〜」という幸せな気分になります。

思えば、このブログは「週刊誌」どころか「日刊紙」(平日だけですが……)です。
毎日、チャーニーに「書く喜び」と「書き終えた喜び」を与えてくれているわけですね。

毎日、自分を幸せにしてくれるブログ。
続けられることに、改めて感謝しています。


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:57| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

谷啓が焼け跡で始めたこと

昭和を代表する喜劇人の1人、谷啓(たにけい)さん。
若い方はご存知ないかもしれませんね。
「ガチョーン」というギャグも今は昔です。

同じく喜劇人の小松政夫さんの本を読んでいたら、この谷啓さんの粋(いき)なエピソードが紹介されていました。

小松さんによれば、谷さんは、すごくシャイで優しい人。
麻雀が好きで、三鷹の自宅はご近所の人が気軽に集まる麻雀サロンのような状態になっていたそうです。
ケツ作なのは、その自宅の前に3色の回転灯が設置されていたこと。
この回転灯が赤色のときは谷さんが不在。黄色のときは麻雀のメンバーが足りないとき。そして、緑のときは「遊びに来て」のサイン。
ご近所の人たちは、その色を見て、麻雀をしに行ったというのです。

でも、ちょっと考えると、「今、留守です」って、まわりに知らせてしまっているわけで、かなり不用心ですよね。

回転灯のせいかどうかはわかりませんが、この谷さんの自宅は、あるとき、不審火で全焼してしまいます。
幸い、谷さんは無事だったのですが、ご近所の人たちが心配して、次々に「大丈夫ですか」って声をかけてくれる。シャイな谷さんにとっては、家が焼けたことより、まわりから心配されるほうがツラかったんですね。
なんとか、「自分は元気だ」ということを知ってもらおうと思った谷さん。

なんと、ご近所の人に声をかけて、自宅の焼け跡のど真ん中で麻雀を始めたそうです。

そして、麻雀をやりながら、横を通る人たちに「元気ですよー」って、いちいち声をかけたのだとか……。
そのすぐ横では、焼け残った回転灯のランプが、「遊びに来て」をあらわす緑色に光って回っていたといいますから、ホントに愛すべきキャラクターだったのですね。

焼け跡で麻雀。
いいですね。
こういう人にワタシもなりたい。
(参考『時代とフザケた男』小松政夫著 扶桑社)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:38| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

感謝の四文字熟語

「感謝」という言葉。
実は、その元となっているのは、四文字熟語なのだそうです。

「感」「〇」「〇」「謝」。
この「感」と「謝」の間に入る言葉、分かりますか?

答えを言います。

答えは「恩」と「報」。
つまり、「感」「恩」「報」「謝」。
読み方は「かんおんほうしゃ」です。

最後の「謝」は「あやまる」という意味ではなく、礼という言葉をさらに強調する言葉。
ほら、「謝礼」という言葉がありますよね。

この「感恩報謝」の意味は、読んで字のごとし。
「恩を感じて、最高の礼をもって報いる」

突っ込んで解釈すれば、「誰かに恩を感じたら、感謝するだけでなく、ちゃんと報いなさい」ということでしょうか。

ウソのような本当の話ですが、チャーニーは周りのすべてのことに感謝して、有り難がるようになってから、一気に運気が上がりました。
繰り返しますけど、ホントにホントなんです。

「有り難いこと」ばかりが起こるので、感謝して、その感謝の思いは、恩を送ってくれた人にかぎらず、別の誰かに「恩送り」をしています。

本にも書きましたが、この「恩送り」というのが、また良いらしくて、さらに、運気が上がっているようなのです。

「どうもツイていない」というあなた。
ダマされたと思って、「感恩報謝」してみてください。
一気に運気が上がっちゃいますよ!


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のPHP文庫版、アマゾンはこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/4569767389/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/14979483/

『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)はこちら。
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:35| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする