2017年03月06日

ゴッドファーザーの専用車

あるアメリカ人は、街角で「ある車」を見るたびに、その絢爛豪華(けんらんごうか)な作りから、「あれは、日本のゴッドファーザーが乗っている専用車なんだ」と思っていたそうです。

その車とは……。

霊柩車。

たしかに、知らなければ「なんだ? あの豪華な車は!」って思うかもしれませんね。
翻訳者の福光潤さんによれば、かつて、アフリカのある国では、日本の霊柩車を輸入して、王侯貴族のリムジン代わりに使用していたこともあったそうです。

外国の習慣というのは、かくのごとく「知らないもの」。
でも、知らないからこそ、先入観なしで新鮮な目で見ることができます。
そこに、あらたな発想のヒントがあるかもしれない。

だって、「霊柩車を王侯貴族のリムジンに」っていう発想は、たぶん、霊柩車の使い方を知っている日本人は出てこないですよね。

日本独自のものを外国人に見せて、「これは何か?」と問うクイズ番組の1コーナーで、「カツオ節」が出題されたとき。
それを見た外国人。
「ドアおさえ」と回答していました。

笑ってしまうのは簡単です。
でも、少しおしゃれな新しい「ドアおさえ」のヒントがそこにあるかもしれない。

何か新しい発想を得たいとき。
「すでにあるモノ」を見るときに、自分が地球外生物だとして、それを「なんだと思うか?」という観点でみるとよいかもしれませんね。
(参考『翻訳者はウソをつく!』福光潤著 青春新書)


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:00| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: