2016年03月31日

謝罪会見で言ってはいけない言葉

テレビの情報番組を観ていたら「謝罪会見で言ってはいけないNGワード」について解説をしていました。
それによると、「つい、言ってしまいがちだけれど、実は言ってはいけない」NGワードは次の3つなのだとか。

「誤解を与えてしまいました」
「遺憾(いかん)に思います」
「お騒がせしました」


これのどこが悪いの? と思えるような言葉もありますね。
その理由はそれぞれ次のようなものでした。

「誤解を与えてしまいました」
→「あなたたちが勝手に誤解しただけで自分は悪くない」と言っているだけで、謝罪していないから

「遺憾(いかん)に思います」
→自分ががっかりしたことを伝えているだけで、謝罪していないから

「お騒がせしました」
→あなたたちが「騒いでいる」と言っているだけで、謝罪していないから

なるほど、言われてみればそうかも知れません。
どれも、深層心理で「自分を守ろう」としていて、「謝罪していない」ということですね。

逆に、言葉のはしばしに、素直に「申し訳ありませんでした」を繰り返す会見は、ちゃんと謝罪しているし、反省しているのが伝わってくるからよいのだとか。

芸能人だと、謝罪会見のやり方を間違ってしまって表舞台から去る人もいれば、逆に好感度を維持、いや、それどころか好感度を上げることに成功して生き残る人もいる。
「謝罪会見」は「言葉の持つ力」をまざまざと感じさせてくれる絶好の教材ですね。

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 06:41| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: