2016年02月25日

ケンカに必ず勝てる方法

誰かと口論になったとき。
あるいは、「ちょっとした行き違い」や「考え方の違い」で意地の張り合いになってしまったとき……。

必ず勝てる方法があります。

「そんなときのために普段からディベート力を鍛えておく」
「相手の理論の盲点をつく論破の方法を学ぶ」
なんていう、面倒くさい方法ではありません。

口論で必ず勝てる方法。

それは……。


先に謝ってしまう!

どっちが悪いかなんて関係ありません。
いや、相手のほうが悪くてもこっちが先に謝ってしまうのです。
そもそも、「ケンカ両成敗」という言葉があるように、どちらかが「100パーセント悪い」ということはありません。
相手が99パーセント悪くても、こっちも絶対に1パーセントは悪い。
だったら、その1パーセントについて先に謝ってしまうのです。

こっちが先に誠心誠意謝ると相手も「いや、こっちも悪かった」ってなる。
もし「やっとわかったようだな!」というような人だったら、いい気分にさせておけばいいんです。
「負けるが勝ち」
「愚かな相手には、ただ頭をさげよ」という言葉もあります。

この「先に謝れば勝てる理論」。
ケンカだけでなく仕事のシーンでも使えます。

たとえば仕事で、
「業者のうっかりミスによって納期が遅れてしまった場合」は、「昨日、確認のメールを1本入れておけばよかったですね。申し訳ない」と先に謝る。

「相手が時間を間違えてアポに遅れてきた場合」は、「案内メールの『開始時間』の部分をもっと目立つように書いておけばよかったですね。申し訳ない」と先に謝る。

このように、「自分のほうが悪かったところ」を強引に見つけて先手を打って謝るのです。

だまされたと思ってやってみてください。
周りとの関係がウソのようにうまく回り始めます。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日々ありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:36| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: