2015年11月27日

立川談志の聞く力

今は亡き立川談志師匠。

長年、弟子をつとめた立川談慶(だんけい)さんによると、談志師匠は「聞くこと」の達人だったそうです。

たとえば。

テレビ局がチャーターしたタクシーの中で、突然、弟子に「お前、落語、やってみな」と言うことがあり、突然のふりに、弟子が詰まったり、しどろもどろになろうものなら、「もういい」のひと言でシャットアウト。
その後は、地獄のような沈黙がタクシーの中を支配したのだとか。

談志師匠曰く。
「弟子の落語なんざ、30秒聞くだけで勉強しているか、していないか、わかる」

師匠から「落語、やってみな」と言われたときに、普段からちゃんと勉強していれば、ここぞとばかりにちゃんとできるはず。それができないような不勉強な弟子の落語は30秒で十分、というわけですね。

談志師匠は映画の試写会でも、数十分でその映画の良し悪しを判断していたそうです。

談慶さんはこう言っています。
<師匠にとっての聞く行為とは、凡人のようにただ漠然と聞き流すという消極的な姿勢ではなく、「そこから発信者の本質や裏側の闇(やみ)、劣っている部分などプラスマイナス一切合切すべてを吸収してやる」という、気魄(きはく)に満ちた積極的な姿勢でした。>
<師匠からしてみれば、自分はこんなに真剣な向き合い方をしているのに、それに呼応して命がけで訴えてこないような発信者のコンテンツは、短時間でアウトの刻印を押してしまうのは当然のことなのでしょう。>

落語に対してストイックだった談志師匠は、話すことだけでなく、聞くほうにも命がけだったのですね。

自分は、談志師匠のように、ここまで真剣に他人の話を聞いているだろうか?
ダラダラと聞き流して、相手に対して失礼ではないか?
聞くに値しない話に長々と付き合って時間をムダにしていないか?
などと考えると反省させられます。
(参考『いつも同じお題なのに、なぜ落語家の話は面白いのか』立川談慶著 大和書房)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: