2015年07月08日

新宿の目 2

2011年11月1日。
このブログで、チャーニーは以下のようなことを書きました。

<「あの日以来、私の中では時間が止まっています…」

事件や事故の被害者の遺族の方が、よく口にする言葉です。
今年のあの震災で家族や家を失った方も同じ事をおっしゃっていました。
改めて、心からお見舞い申し上げます。

突然の事故や災害は、
それまで当たり前に動いていた日常に突然の終止符を打ちます。
今回は、震災以来、止まったままになっている「あるもの」のお話。

新宿駅西口のロータリーに面するスバルビルの地下に、
その「止まってしまったもの」はあります。

そう。
「新宿の目」です。

高さ2.5メートル。
幅は7メートルもあります。

チャーニーが子供の時にはもうあったはず…と思って調べてみたら昭和41年(1966年)の竣工。
もう40年以上も新宿の街を行きかう人たちを見続けているのですね。
(中略)
この作品…動く。
目玉の部分と、目がしら、目じりの部分がうずまきのように青く波打つ。
子供の頃、この目ん玉の部分が動くのがすごく不思議でした。
どうやら、中で青いプロペラ状のものが回転しているのだな…、とわかったのはずいぶん大人になってからの事です。
子供の頃から新宿のあの一角を通るたびに目にしてきた「動く目」。
そのアートの傑作は、あの震災の日以降、動く事をやめています。

理由はたぶん「節電」。
所有者の自主規制なのかも知れません。
理由はとにかく、
あの日以来、「新宿の目」の時間も止まったままなのです。
(中略)

震災の日以降、
新聞に広告が復活し、
テレビに企業CMが復活し、
お笑い番組が復活し、
徐々に徐々に震災前の日々(見せかけではあっても)が戻ってきました。

「新宿の目」がふたたび動く日はいつなのでしょう。
チャーニーはなぜかその日がとても楽しみです。>


つい先日のこと。
この「新宿の目」の横を通り過ぎようとして、驚きました。

動いていたのです。

その場にしばらく立ち止まってしまいました。
そして、一人、感動してしまいました。


今日があなたにとって、よい1日でありますように。



ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに義づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:21| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: