2017年04月17日

脳からのサイン

先日、テレビを見ていたら、「脳疲労」についてやっていました。

人間、ずっと集中して同じ作業を続けていると疲れますよね。
一見、当たり前の、その「疲れ」について、どういうメカニズムなのかをわかりやすく伝えてくれていて、思わず、見入ってしまいました。

たとえば、すごく疲れると、モノが考えられなくなりますよね。
あの状態は、脳の一部が酷使され、活性酸素が発生したりして、神経が炎症を起こしている状態なのだとか(怖!)。
その炎症によって、神経の伝達機能が低下して、モノが考えられなくなってしまうというわけです。

同じ作業を続けていると、だんだん「飽きて」きますよね。
実はこれも、脳が「神経が傷つかないように」サインを出している状態なのだそうです。
ですから、飽きてきたら、気分転換するとか、別の作業に切り替えるというのは、実に的確な対応だったというわけ。

また、あくびが出たり、眠くなったりするのは、これも、脳からの「休みたい」というサイン。
そして、いよいよ、ミスが増えてきたり、モノが考えられなくなったりするのは、前述のように、神経が炎症を起こしている、脳疲労の状態というわけです。

いや〜、納得です。

ちなみに、好きなことや、やりがいを持って何かに集中しているときは、「達成感」や「喜び」によって、脳の疲労感がかき消されている「マスキング」という状態になるそうです。

芸術家が何時間もぶっ続けで創作を続けられたり、小説家が集中して一気に作品を書き上げられたりするのは、このマスキング状態になっていたのですね。

チャーニーもノッているときは、何時間でも執筆を続けられます。
そして、逆に、やはり、ノッていないときは数時間が「飽きて」くる(人間だもの)。
そんな「飽き」は、脳からのサインだと明確に分かったので、これからはムリに頑張らずに、気分転換したり、別の作業に切り替えたりしたいと思います。

というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:33| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

器の大きさの違い

人にはそれぞれ「器の大きさ」というものがあります。

小食の人は、小さな器でご飯を食べるし、相撲取りのような大食漢は大きな器でご飯を食べる……という話ではなく、人間としても器の大きさですね。

これは、そんな「器の大きさ」の話。

昔の中国に劉邦(りゅうほう)という武将がおりました。
有名な「項羽(こうう)と劉邦」の劉邦ですね。
何をした武将かは、長くなるので割愛します。
で、この劉邦さんのもとに韓信(かんしん)というキレモノの家臣がいました。
「股くぐり」や「背水の陣」で有名な韓信さんですね。
この2つのエピソードについても、長くなるので、こちらも割愛します。

さて。
この劉邦さんと韓信さんのある日の会話です。

劉邦「のう韓信よ、このわしは、いったいどれほどの器であろうか?」
韓信「うむ、そうですな。陛下はだいたい10万人の兵を率いる程度の器ですな」
劉邦「はははっ、ぬかしおったな。では、おまえはどうだ?」
韓信「私ですか。私はたとえ兵が何人であろうと率いることができまする」
劉邦「兵がいくら多くても率いられると申すか。ではなぜ、わしの部下として仕えておるのだ?」
韓信「陛下は、兵はせいぜい10万くらいしか率いることはできません。しかし、その兵を率いる将たちを率いることができる『将の将』です。だから、私はこうして仕えているのです」

うーむ。
どっちもカッコイイ。

さすがキレモノの韓信さん、自分をアピールしつつ、しっかりと劉邦さんへ「あなたは、私とは器の格が違う」とヨイショしていますね。
劉邦さんも、最初に韓信さんが「せいぜい10万の兵を率いる器」と失礼なことを言ったとき、怒り出したりせず、笑って受け流すあたり、さすが器が大きい。

キレモノでもなく、器も小さいチャーニー。
気の利いたこともなかなか言えないし、つまらないことでイライラしてしまうこともあります。
こういう話を聞いて、イメージトレーニングして、少しでも近づきたいと思います。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:32| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

嬉しい感想

昨年の12月末に発売になった、チャーニーの一番新しい文庫本、『一日のおわりに読むと気持ちがゆったりする50の物語: 明日が楽しみになるストーリー』 (三笠書房 王様文庫)のアマゾンページに、とても嬉しいレビューがありました。

原文のまま、ご紹介します。

【穏やかな気持ちになれる】

タイトル通り、気持ちがゆったりしました。
ほっこり、穏やかに優しい気持ちになれます。
仕事に追われる日々、人間関係に疲れてしまった時など、気楽に読める本だと思います。
順序は気にせずに、気になったタイトルなどから適当に読んでいくのもお勧めです。

明かりをともす、ぽかぽか温まる、のんびりくつろぐ、空気が澄んでくる、よい眠りにつく、の5つの章に分けられていて、それぞれ、心温まるエピソードが紹介されています。

個人的にはSTORY12の「失礼な相手にはユーモアで返す」エピソードが良かったです。
クリントン元大統領に対してのヒラリーさんユーモアあふれる切り返し(実話かどうかは不明だ そうです)
岡倉天心がアメリカで侮辱された時にユーモアでやりこめた話は痛快でした。
カチンとくる失礼な相手に、ユーモアで返すことが出来たらなんと気持ちよいでしょうか。
イチイチ腹を立てずに相手をギャフンと言わせる方がよっぽどクールでカッコイイ!
いつでもユーモアを持って(気持ちに余裕をもって)対応できる精神状態でいたいものだな〜と思いました。

日々の何気ない話をいくつか読むだけで、なんだか優しい気持ちになれる、空いた時間にサラっと読める、読んだ後は何故か前向きになれる素敵な1冊です。


く〜っ!
レビューをくださった方、ありがとうございます!
三笠書房さんのこの「50の物語」シリーズは、気軽に好きなところから読んで、疲れた心が癒されたり、温かな気持ちになっていただけたりするという本を目指して書いています。
ですから、このレビューの内容はまさにビンゴなのです。

感想をいただいた本はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4837968104/

まだ少し先ですが、このシリーズ、5冊目の執筆も予定しています。
また、楽しんでいただければ嬉しいです。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:31| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする