2017年04月20日

日本の中心は渋谷?

ハワイから日本に留学に来て、そのまま日本企業に就職し、日本人と結婚した女性の話。

その彼女。
車で高速道路を走るたびに疑問に思っていたことがありました。
それは、どこを運転していても、しょっちゅう「渋谷10キロ」とか「渋谷5キロ」などの表示が出ていること。
渋谷がとても有名な街だというのは知っているものの、どうしてどこへ行っても渋谷までの距離ばかりが表示されているのか?
しかも、東京近郊だけでなく、旦那さんの実家である福岡で車を運転していても、渋谷までの距離が表示されている。
日本人はどこまで渋谷を中心にモノを考えているのか?
それにどうも距離がおかしい。
福岡なのに「渋谷 3キロ」なんて表示されている。
どう考えても、福岡からたった3キロで渋谷までいけるわけがないのに?
それとも、日本にはあちこちに「渋谷」が存在しているのか?

あなたには、彼女の勘違いの理由、わかりますか?
ちょっと、考えてみてください。



…。



…。



そろそろ答えです。



…。



…。



彼女が高速道路の表示を見るたびに疑問に思ってしまった理由。



…。



…。



それは、



…。



…。



…。



「渋滞」という表示を「渋谷」と読み間違えていたから。


はははっ。
たしかに何となく似ていますね。
しかも、高速道路で表示される漢字は、ドライバーがすぐに認識できるように少し略していますから、なおさら同じように見えたのでしょう。

慣れていない「新しい目」で見ると、ときには間違って認識されるもの。

勘違いのもとになりますが、ときには、そういう目で見るとことも、「慣れた人」は気がつかない「気づき」があり、ちょっとした改善につながるような気がします。
(参考『日本人が世界に誇れる33のこと』ルース・ジャーマン・白石著 あさ出版)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:19| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

「檻(おり)から出て見よ!」

戦国の武将、上杉謙信が子どものころのエピソードです。

7歳のころ。
当時、まだ虎千代という名だった謙信は、僧になるために寺にあずけられたことがありました。
武将になりたかった虎千代は和尚に「坊主になんてなりたくない! オレは戦(いくさ)がしたいんだ!」と反発して、寺を逃げ出そうとします。
しかし、「すぐに逃げ出すようなヤツに戦はできん!」と和尚に一括されるのです。

「戦に勝てるようになるのなら、ここで修業する。そうでないなら嫌だ」
という虎千代に、和尚はこんなことを言います。
「では聞こう。お前は今、出口のない檻の中に閉じ込められている。そこから出て見よ!」
「出口にないのに、出られるわけがない」
「知恵のないヤツだ。早く出るがよい!」
言われた虎千代。檻の中をさまよう自分を思い描きますが、出口がないのですから出ようがありません。

「やはり、出られぬ!」
「出よ!」
「出られぬ!」
「仕方ない、では、ワシが出してやろう」

そう言うと、和尚は虎千代のえり首をつかんでグイと引っ張っります。
見えない檻から引っ張り出されて、床に這いつくばる虎千代に、和尚はこう言ったのです。

「オマエが檻を出られなかったのは、ありもしない檻を自ら作り、出られないと思い込んだからじゃ!」

和尚さんの言葉、深いデス。
もしかしたら、現代に生きる私たちも、知らず知らずのうちに「自分で作った見えない檻」に閉じ込められているかもしれません。
そして、実際にはありもしない檻から「出られない」と思い込んでいるかもしれない。
見えない檻を作ってしまうのも自分。
その檻を取り払うのも自分です。

ちなみに虎千代くん。
このときから、「この和尚のもとにいたい」という思いが沸き上がり、寺で修業することにしたのだそうです。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:16| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

レジに並ぶ前に

私の知り合いに、スーパーなどでレジに並ぶとき、決まってある行動をする人がいます。
あなたには、その人がなぜそんな行動をするのか、その理由がピンときますでしょうか?

その人がレジに並ぶ前に必ずすること。
それは……。
「手に5円玉や1円玉を持つ」。
さて。
いったい、どうして、そんなことをするのでしょう?

えっ?
「考えるまでもない」ですって。
そうですよね。
いつも、ここに遊びに来てくれる、あなたには聞くまでもない質問でした。

ご推察のとおり。
この行動は、たとえば支払いが1367円だったとき、1円単位の支払い、つまり7円を支払うための用意です。
ベストは5円玉1枚に1円玉4枚!
あなたなら、そこまでピンと来たと思います。

でも。

この話をしても、どうしてそんなことをするのか、まったくピンと来ない人がいるのです。
それどころか、理由を説明しても、「そんなの金額を聞いてから財布の中をみて、もし、5円玉や1円玉があったら出せばいいだけじゃん」と言う。

そんなことを言う人に限って、レジでの支払いで、財布の中を覗き込んで、端数を1枚1枚取り出す人を見て、「早くしろよ!」なんて思うのです。

手にあらかじめ5円玉や1円玉を持つのは、「細かいお金を無くして財布を軽くしたい」という理由ではありません。
自分より後ろに並んでいる人のために、支払いをスムーズに終わらせるのが理由です。

もちろん、そのためには財布の中に5円玉や1円玉がなくてはなりません。
別に無ければ、おつりをもらえばいいのです。
端数がないことがわかっているのですから、財布の中をまさぐらずに、さっとお札を出せば余計な時間をとりません。

チャーニーは何も「うしろの人のために、5円玉や1円玉を手に持ってレジに並ぼう!」と言いたいのではありません。
そうではなく、「そういう周りへの配慮」を自然にサラリとできる人はカッコいいし、仕事もできるので、周りからも信頼されるタイプだということ。
逆に、「えっ? なんで5円玉や1円玉をわざわざ手に持って並ぶの? 意味わかんないんですけど」という人は、気が利かないし、周りへの配慮もできないタイプだと言いたい。
そういう人は、たぶん就活でも。面接で落とされるタイプです。(面接官は態度や言葉の端々で鋭く見抜きます)

チャーニーがこの文の最初に質問したときに、もし、手に5円玉や1円玉を持って並ぶ理由が「まったく想像もできなかった」という方は要注意。
あなたは、周りから「気が利かない人」という烙印を押されているかもしれませんぞ。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

新刊『朝読むと元気をくれる56の言葉』(エムディエヌコーポレーション)です!
アマゾンページはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4844366564/
楽天ページはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14732324/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:32| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする