2017年03月17日

夏目漱石の自信

『親譲(おやゆずり)の無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。』

ご存じ、夏目漱石の『坊ちゃん』の冒頭です。
これほど端的に主人公の性格を言い切って始まる小説も珍しいのではないでしょうか。
さすが、天下の文豪。
文章に無駄がない。

この『坊ちゃん』の主人公は、先生として四国の松山に赴きますが、もちろんこれは漱石自身の経験をもとにしています。

さて。
これは、漱石が英語の先生として赴任した松山中学校時代のエピソード。

登校初日。
教壇に立った漱石は、いきなり、前任の英国人教師と変わらない流暢な英語で話して生徒たちを驚かせたそうです。
その後、英文の訳について、漱石先生が生徒の間違いを指摘したときのこと。
生徒が「でも、先生、字引にはちゃんとこういう訳が出ています」と食い下がると、漱石先生、こう言い放ったのです。

「それは辞書のようが間違っている。直しておきたまえ」
 
授業が終わった後、生徒たちはこんな会話をしたと伝わっています。

「今度の先生は偉いぞ。字引を直せと言いよった」

いやはや、「辞書を直せ」とは、約2年間、ロンドンに留学した自信のあらわれですね。

チャーニーが言いたいのは、もし、そこで漱石が、「んっ? 辞書に出ているのか……? あー、んー」なんて、しどろもどろになっていたら、その後、生徒たちに馬鹿にされてしまったのではないかということ。
自分への自信というより、ハッタリをかます度胸が、相手の信頼を得る早道だということです。

かく言うチャーニーも、初めての編集者さんと会ったときは、これでもかというくらいにハッタリをかまします。
「引き出しは無限なので安心してください」とか「必ず締め切り前に完成させますから」なんて、涼しい顔で言っているのです。
そう言うと、編集者さんは「この著者はすごいぞ」と、勘違い(笑)してくれるというわけですね。

編集者さんと初めて会うときはお見合いみたいなもの。
とにかく「この人に書かせても大丈夫か?」という不安を取り除いてあげるのが第一。
そういう意味では、漱石ばりのハッタリがとてもうまく機能してくれるのです。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

アマゾンの電子書籍はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/100-ebook/dp/B06VXYL8ZD/ref=tmm_kin_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1485488469&sr=1-1

楽天ブックスはこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/14683638/

楽天ブックスの電子書籍はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rk/0ad7a8805c653218be538def4ddb415d/

初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:08| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする