2017年02月09日

ある日、机に花があったら?

ある日。
学校に登校してみると、あなたの机に花瓶が置いてあって花がささっていたら……。

ドラマなどでよく見かけるイジメの風景ですね。
先日もあるドラマを見ていたらそういうシーンが放送されていました。
このイジメ。たぶん花を置いたほうはそれほど大それたことをやっているつもりはありません。
でも、されたほうの子がナイーブだったら、不登校になりかねないくらいショックを受けるのではないでしょうか?
行為自体が卑劣で心ないのは言うまでもありません。
でも、そんなことをされたとき、やった相手が期待したとおりに落ち込むなんて、まさに相手の思うつぼ。悔しいではありませんか!
じゃあ、どんなリアクションを取れば、花を置いた輩がガッカリしてシラケるか。
たとえば、こんなリアクションはいかがでしょう。

「あっ、きれいな花! みんな心配してくれてありがとう! この花、持って帰っていいんだよね!」

こんなことを言われて、授業中もずっと花を飾ったまま、平然と過ごしたらどうでしょう?
イジメに気がつかない天然ちゃんのフリですね。
ものすごく「イジメ甲斐がない人」になってしまうのです。

ドラマの1シーンを見て、ふとそんなことを考えてしまいました。


というわけで、
ではまた。

かんき出版さんから出していただく新刊、『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』の発売まであと6日です。

アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/
この本の出版記念講演はこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/451087/

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:21| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする