2017年02月20日

これは誰の曲だ!

オーストリアの作曲家、シューベルト。
31歳で亡くなるまでに600曲もの歌曲を作曲し、「歌曲の王」と呼ばれた人です。
作曲はすさまじい速さで、1815年には1年間で145曲を作ったそうです。
そんな勢いで作曲していたシューベルトならではのエピソード。

ある日のこと。
シューベルトの歌曲を世に広く知らしめることに貢献した歌手の1人、フォーグルのところへ出向いて、彼の歌の伴奏をしていたショーベルト。
突然、こう叫んだそうです。

「これは素晴らしい曲だ! いったい誰の作曲だ?」

聞いたフォーグルさん、驚きましたね。
だって、その曲。
たったの2週間前に、シューベルトが自分で作曲した曲だったんですから。

かく言う私も、自慢ではありませんが、頭の中にある「話のネタ」のうち、どれを本に書いたか、どれをまだ書いていないかがわからなくなることがあります。

感動的な大ネタはさすがに本に書いたことは忘れませんが、問題は本に書くと10行以内で終わってしまうような小ネタです。

1度はこのブログで書いていて、いつかは本に書こうと思ってストックしているようなネタが一番危ない。
1度ここで書いているので文章にした記憶は残っていて、それが本のほうにも書いたか、いつか書こうと思っていたかがわからなくなってしまうのです。
中には、1度は本の原稿にしたものの、文字数の関係でゲラの段階でカットしたり、そのエピソードを含む原稿を差し替えたりすることもあるので、さらにわからなくなるのです。

あるときは、こんなことがありました。
文庫本を4冊出させていただいている三笠書房の担当編集者さんから、次のようなメールが届いたのです。

「先日、送っていただいた原稿の中に書かれていた〇〇さんに関するエピソードですが、前回の本の中ですでにご紹介いただいていると思うのですが、よろしいでしょうか?」

ひえ〜〜っ!

指摘された本を読み直すと、たしかに、すでに1度書いたネタでした。
私の場合、その本に書こうと思ったネタをパソコン上のファイルの中に入れておき、書かなかったエピソードは次のファイルに移動させるのですが、そのときに、そのネタを「書かなかったネタ」として次のファイルに移動させてしまったのですね。
他の出版社さんの本なら特に問題はありませんが、さすがに同じ出版社さんのシリーズ本で同じネタがかぶるのはよろしくないでしょう。
いや〜、冷や汗です。

優秀な編集者さんに感謝。

Iさんありがとうございます。
これからもシューベルト並みに粗忽なことをやらかすと思いますので、よろしくご指導くださいませ。


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

年間売上ベスト100にランクイン

先日、紀伊国屋書店の新宿本店に行ったときのこと。

年末年始は手帳の特集をしていた壁一面のコーナーで、「2016年 文庫 年間売上ベスト100」にランクインした本が面陳されていました。
よくよく見ると、なんと、その35位に、チャーニーの本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語』(三笠書房)がランクインしているではありませんか!

驚きました。

だってあなた、紀伊国屋書店の新宿本店で売れたすべての文庫本で35位です。
34位は伊坂幸太郎さんの小説、36位は森見登美彦さんの小説。
人気作家2人に挟まれてのランクイン。

あわわっ。
光栄の至りです。
ただただ感謝!
ありがとうございます!

『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とする50の物語』はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/

同じ三笠書房さんのシリーズ本、最新の第4弾はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4837968104/

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)、発売中です。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』の出版記念講演はこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/451087/

というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:17| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

リアクション芸7か条

かつては「気持ち悪い」というキャラクターだったのに、最近は、すっかり好感度タレントの仲間入りをした感があるタレントの出川哲朗さん。

この前、テレビを見ていたら、その出川さんが、自ら考えた「リアクション芸の鉄則7か条」を披露していました。

その7か条とは次の7つ。
1 リアクションはカメラの前で
2 現場には必ず替えパンツ持参
3 衣装は汚さない(汚すと買い取りになる)
4 危険は最高のチャンス
5 全身タイツはリアクション芸人の正装
6 水をなめるな!
7 出血したらフレームアウト

チャーニーがとくに感心したのは、7です。
「テレビは、視聴者が不快に感じないリアクションをしてなんぼ」というところがわかっていないと、なかなかこの7番は出てきません。
血を出して頑張っても、血が出たからこそフレームアウトする。
美学です。
もしかしたら、最初は出血したのにカメラの前からどかないで、顔にボカシを入れられたか、スタッフから嫌味の1つも言われたのかもしれません。

それにしても、昔のバラエティはメチャクチャですね。
出川さんの昔のビデオで、クマと取っ組み合いをさせられるシーンは鳥肌ものです。

たしか本にも書いたような気がしますが、やはり、出川さんは、日本で初めてリアクション芸人として紫綬褒章をもらう人だと思います。
……って、思っているは私だけ?

新刊『朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100』(かんき出版)、発売中です。
アマゾンはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/dp/4761272376/

この本の出版記念講演はこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/451087/

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする