2017年01月18日

一発で勝負

今は亡き名優の高倉健さん。
チャーニーが子どものころは「男らしい男」「かっこいい男」の代名詞のような存在でした。

その健さんの晩年。
ある映画の撮影に密着したテレビ番組を見ていて意外な事実を知りました。
なんと、その映画の撮影での健さん、基本的にほとんどのシーンを一度しか演じていなかったのです。
つまり、本番は基本的に一発勝負。
チャーニーの勝手なイメージでは、納得がいくまで何度も繰り返して演じるタイプなのかと思っていたので意外でした。

番組のなかで、健さんはおよそこんなことを言っていました。
「器用なタイプではないので、同じ演技を何度もできない。気持ちを盛り上げて1回ですべてを出し切る」
なるほど。
言われてみれば健さんはそっちのタイプかも……。

演技について、健さんはこんなことも言っています。
「黒澤明監督も、本当に良いものは1回だ、とおっしゃっていましたから、それでいいんじゃないですか」
「本人の生き方が芝居に出る。テクニックではないですよね」

そう言えば声優の野沢雅子さんも、声でキャラクターを演じる心がまえについて、「どう演じるかは考えない。心で演じる」とおっしゃっていましたっけ。

心を込めて一発勝負。

これ、演技だけでなく、人生にも役立つ考え方ではないでしょうか。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:47| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

松岡修造のお買い物

いつも元気で熱い男、元テニス選手の松岡修造さん。
彼が書いた本に、「松岡流の後悔をしない買い物の方法」が出ています。

曰く。
「店員を自分の分身にする」

たとえば家電を買うとき。
松岡さんは売り場の店員にまずこう告げるそうです。
「遠慮はしないでください」
次に、自分がその商品でやりたいことの優先順位を伝える。
これはつまり、たとえばテレビなら、端子をいくつつなぐことができるかとか、スイッチ1つで画面を停止することができるかとか、その商品に欲しい機能を告げるということですね。
そうやって、欲しい商品の条件を伝えたあと、松岡さんは店員へこう告げるのだとか。

「信じています。さあ、どれですか?」

プロであるあなたにすべてお任せ! というわけです。
たしかにこうすれは、ヘタに自分で書く商品のカタログとにらめっこするより、少なくとも時間のショートカットになりますし、プロの目で選んでもらえます。
もちろん、「自分で選びたい」というあなたは、時間をかけて自分が納得できる商品を探せばいいのです。

チャーニーは家電には詳しくないので、たま〜に買い替えるときには、この松岡修造方式を採用させてもらっています。
肝は「この人は信頼できそうだ」という店員さんを見つけることですね。
(参考『人生を変える 修造思考!』松岡修造著 アスコム)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。

ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:40| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

サンタクロースおばちゃん

前回、年が明けて10日以上も経っているにもかかわらず、紅白歌合戦のリハーサルをネタにしたお話をしました。
それに続いて、今回はさらにさかのぼって、クリスマスをネタにしたお話。(このブログ、我ながら季節感なさすぎ(笑))

もう記憶が定かではありませんが、チャーニーがまだ小学校に入る前の出来事だったと思います。
クリスマスイブの晩。
我が家にサンタクロースが訪ねてきました。
えっ?
いえいえ、夢の話ではなく、本当にやってきたのです。

あれはたぶん夜の7時ごろ。
当時、県営住宅に住んでいた私の家のチャイムを鳴らす訪問者。
クリスマスイブの晩にやってくる訪問者と言えばサンタクロース以外には考えられません。
勇んで玄関へ向かう、幼き日のチャーニー。
と、そこには、先に玄関へ行った母親と話す、赤と白のサンタ服を着て手に袋を持ったサンタクロースの姿が!
「おおっ!」と思ってよく見ると、サンタクロースはなぜか「おばちゃん」でした。
そのサンタに向かって、母親が「寒い中、ご苦労様です」みたいなことを言っている。
「な、なぜ? サンタがおばちゃん? しかも、母親と知り合い?」
と思うチャーニー。
そんな「?」の渦中にいるチャーニーに向かって、おばちゃんサンタはおもむろに袋から「長靴型の駄菓子の詰め合わせ」を取り出すと、「はい」と差し出してきたのです。
この駄菓子セットは、たしか近所のお店で見たような……。
「?」の連続で思考がついて来ず、あ然としながらも、ありがたくお菓子を受け取るチャーニー。
おばちゃんサンタは役目を終えると、母親に「それじゃ、失礼します」とかなんとか告げ、たぶん、お隣の家へと去ってゆきました。

少し大人になって振り返れば、町内会でサンタ役に選ばれたおばちゃんが、「各家をまわって駄菓子セットを配っている」というのは明々白々(めいめいはくはく)です。
そして、いくらなんでも、サンタ役は「もう少しサンタっぽい太ったおじさんにして……いや、それが無理でもせめて男にして……」などと思います。
それが、最近、街でサンタの恰好をした宣伝マンを見たとき、ふとその夜の記憶がよみがえってみたら、まったく違った感情が浮かんできたのです。

チャーニーが最近、幼い日に我が家に来たおばちゃんサンタのことを思い出して考えたこと。
それは、次のようなものでした。

「ああ、ご近所がつながっていてイイ時代だったんだ」

世の中が物騒になり、個人情報保護法やらも定着した今、夜に各家をまわって子供たちにプレゼントを渡すという企画は町内会で敬遠されそうです。
「子どもがいる家だけズルい」なんて文句も出るかもしれません。

街で見たサンタから、遠い日の思い出がよみがえり、ふとそんなことを思った去年の年末でした。


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:03| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする