2016年12月15日

薄いサワーが出たときに

昔、チャー二−がまだ大学生だったころ。
クラブ活動の宴会で、大学の近くの居酒屋を利用することがありました。
宴会用の広間があって、安いお鍋か何かのコースがあったので、学生が大人数で宴会をするのに便利な店だったのですね。
そのお店について、チャーニーが今でもよく覚えているのは、「ビールが薄かったこと」です。
ビールをオーダーすると「栓を抜いたビンビール」を運んでくるのですが、このビールの味が妙に薄かった。
あれは経費削減のために水で薄めていたのでしょうか?
今となっては永遠の謎です。

先日、友人が「新宿のパブでサワーを注文したら、とんでもなく薄いサワーが出てきた」という体験を話してくれました。
友人は曰く。
とにかく、まったくアルコールが入っている感じがしなくて、ただの薄いジュースを飲んでいるようだったとのこと。
その友人、ビールや日本酒が嫌いで、居酒屋ではいつもサワーばかり。
薄めているという証拠もないのにお店に文句を言うのもなんだし、2杯目はどうしようかと考えた末、ニコニコした顔で、店員にこう伝えたそうです。

「サワーのおかわりを、今度は少し濃い目でお願いします」

そうしたら、2杯目は、あきらかに1杯目よりも濃いサワーが出てきたのだそうです。

クレームを言いたいとき。
怒りをあらわにするよりも、ニコニコと自己主張する。
チャーニーもよく経験していますが、これ、結構、いい効果があります。
イメージは「店員さんに相談して味方になってもらう」という感じ。
「なんだこの薄いサワーは!」ではなく、「濃いサワーが好きなので、もう少し濃い目にお願いできますか?」ですね。

あなたも何かのときにクレームをつけたくなったら、この「笑顔で主張作戦」をぜひ使ってみてください。

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。

ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:49| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする