2016年11月02日

必殺のオーダー術

ある映画に、ラーメン屋の女将さんが、お客の複雑なオーダーを瞬時に覚えて復唱し、お客さんたちから拍手をされるというシーンがあります。
複雑なオーダーってつまり、
「塩ラーメン大盛にネギをトッピングで」
「醤油ラーメンの麵少な目、チャーシュー抜き」
などですね。
それを10人くらいのお客から一気に受けて、全部覚えてしまうのですから、たしかに拍手ものです。

チャーニーは、自慢ではありませんが、こういう記憶術は大の苦手。
ラーメン屋の例なら、はっきり言って、お客3人以上は無理です。
覚えられないから、忘れても大丈夫なようにメモ魔になっているわけですね。

そういえば、昔、喫茶店を舞台にした「必殺オーダー術」のコントがありました。
アルバイトの店員が5人くらいのお客から、「アイスコーヒー」「アイスカフェオレ」「オレンジジュース」「クリームソーダ」「ミルクセーキ」とバラバラの注文を受けて、あわわってなってしまうんですね。
すると、その様子を見た先輩の店員が「バカヤロー、オレが手本を見せてやるから、よく見てろ!」と言って、今度は7人くらいのお客の前に出て行くんです。
自信たっぷりにお客の前まで行った先輩の店員、7人のお客にこう言います。

「すいません、今日、アイスコーヒーしかできないんです」

それに対してお客全員が、「じゃあ、それで!」

ただのコントですが、チャーニーは「これ、すごいワザだ」と思ったんです。
相手に翻弄(ほんろう)されるのではなく、最初にカマして、一気に主導権を握ってしまう。
そもそも、「冷たいものが飲みたい」くらいにしか思っていないお客たちなら、「それしかないならアイスコーヒーで」って、すぐに納得します。
もし、本気で「私はどうしてもカフェオレが飲みたい」というお客がいたら、「わかりました。特別になんとかします」なんて言って対応すれば、感謝までされてしまうではありませんか!

この「必殺オーダー術」、それほどヤル気のない複数の相手に対して、主導権を取って早くコトを進めたいとき、とても有効な手だと思います。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 10:02| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする