2016年11月01日

学生が玉三郎にした質問

齋藤孝さんの本に出てくる、明治大学で歌舞伎役者の坂東玉三郎さんが講演をしたときの話です。

その日の講演内容は「演技とは想念を集めて蒸留したものを肉体で増幅させて観客に届けるものである」という高尚なもの。
講演が終わって、質疑応答になりましたが、会の進行役をしていた齋藤さんは、「誰も質問できないのではないか?」と内心ハラハラしていたのですね。
すると、齋藤さんの授業によく出ている1人の学生が手を挙げました。
ふだん学生に「意見や質問を求められたら即座に反応しなさい」と教えていた齋藤さん、「よかった」と思いながら学生を指名します。
指名された学生の質問は次のようなものでした。

「自分は夜中に突然叫びだしたくなります。玉三郎さんはどう思われますか?」

いやはや、すごい質問です。
この質問への玉三郎さんの回答は次のようなものでした。

「叫びだしたくなる気持ちは決して悪いことではありません。それは何かを生み出す力になると思います。私も叫びだしたくなることはあります。そうなった時はその気持ちをノートに書き留めるといいでしょう。自分が叫びたくなる理由を書いてみると、創造的な活動につながります」

学生の突飛な質問に、即座にこの回答。
さすがとしか言いようがありません。
玉三郎さんは、講演のあと、「あの質問は面白かった」と言っていたそうで、器の大きさが違いますね。

さて。
齋藤さんは、講演会後、その学生に、どうしてああいう質問を思いついたのか聞いたそうです。
学生曰く。
「ふだんからずっと考えていたことなので、素直にぶつけてみようと思ったんです」

齋藤さんは言っています。
「彼の内側に蓄積していた本気の質問だったから、玉三郎さんの『本気』にふれ、本気同士がぶつかったのでしょう。質問やコメントを思いつかない時は、素の自分を前面に出して、不器用でもいいから勇気を持って言ってみるとよい。ただし、外すとたいへんなので、即座に言うのが条件」

チャーニーは昔から、会議などで自分の意見を言ったり、セミナーで質問したりするのが苦手です。
しかし、最近は「話し合いの時は、一度は発言する」「講演会の質疑応答では、手を挙げて質問をする」を自分に課しています。
そうすると、たとえ、とんちんかんな意見や質問でも、相手の回答が自分の血肉になることがわかってきたからです。

もうウン10年も前のこと。
『少年ジャンプ』の編集長の講演を聴く機会がありました。
質疑応答になったのですが、当時の私は聞きたいことがあるクセに手を挙げる勇気がありません。
と、手を挙げた1人がこんな質問をしたのです。
「私は『こち亀』の大ファンです。作者の秋本センセイにお会いしたいのですが、何とかなりませんか?」
ドッとウケる会場。
もちろん、この申し出は編集長からやんわりと断られました。
そのとき、私は内心、「何を聞いているんだこの人は!」と思う一方、「こんなスットンキョウな質問でもいいんだ! それに、ビビッてしまって手も挙げなかった自分よりも100万倍も素晴らしい」と思ったのです。

「打ち合わせでの発言」と「講演会での質問」を自分に課したのは、この「『少年ジャンプ』編集長への質問事件」のはるかにあとです。
でも、このときの「秋本センセイに会いたい」という「本気の質問」は、「それでいいんだ」と、今になって私に大いなる勇気を与えてくれているのです。
(参考『恥をかかないスピーチ力』齋藤孝著 ちくま新書)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:59| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする