2016年10月31日

夢はあなたに背を向けない

秋元康さんの言葉です。

<誰にもチャンスがある。しかし、チャンスには順番がある。その順番が回って来るのを待てるか。待てずにあきらめるか。>

これ、至言だと思います。

10月10日に神戸ワールド記念ホールで、恒例の「AKB48グループじゃんけん大会」(=シングル曲を歌う選抜メンバーを決めるじゃんけん大会)が行なわれ、優勝をした苦節10年の田名部生来(たなべみく)さんは号泣をしたそうです。
「続けて来てよかった。(AKBを)辞めないでよかった」と泣きじゃくる彼女の姿を見て、秋元さんは近くのスタッフにこんなことを言ったのです。

「そうなんだよ。夢の方から背を向けることはないんだ。いつだって、背を向けてしまうのは、夢に手を伸ばしていた方なんだ」

これも名言だと思います。

えっ、「あきらめなければ、いつか必ず夢はかなうのか?」ですって。
もちろん、努力を続けていることが夢をかなえるためには必須です。
「チャンス」には順番があって、いつか、一度はめぐってきます。
でも、いざ順番がめぐってきたときに、それまで努力をしていなかった人はそれを活かすことができません。
いや、それどころかチャンスの順番がやっとめぐってきたのに、「私にはまだ早い」なんて言って辞退してしまったりするのです。
一度辞退したチャンスが次にめぐってくるのは100年後かもしれないのに……。

チャンスは、自分から背を向けないかぎり、誰にでも必ず一度はまわってきます。
あとは、それを受け入れる準備をしていたかどうか。
それはあなた次第です。
(参考『秋元康の1分後の昔話』2016年10月30日『読売新聞』日曜版)

というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:29| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

あなたはどのタイプ?

就職活動をする若者たちを主人公にした映画『何者』が公開されていますね。
「自分はいったい何者なんだろう? 何者かになれるのだろうか?」という疑問は、誰でも一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか?

ものの本によると、自分が「何者」なのかを知るヒントは、自分のタイプは何かを考えることだそうです。
そして、人間のタイプは、次の4つに大別されるのだとか。
その4つとは。

「実行者」
「表現者」
「支援者」
「交渉者」

自分が、この4つのうち、どれに属すか、どれが得意か、を考えることで、「自分」の本質が見えてくるとのこと。

チャーニーは、考えるまでもなく「表現者」でしょう。
子どものころからずっと漫画を描いて友達に回し読みさせていましたし、就職してからは広報担当として、社内報を作っていました。
そして、今は(本当に運がよいことに)本を書いているというわけです。

でも、ふと気がつくと、
最近のチャーニーは「支援者」にもなりつつある気がしています。
エラそうにとか、上の立場からとかいうのではなくて、単純に、誰かに何かをしてあげて、その人が喜んでくれるって、すごく楽しいことなんです。
自分も気分がいいから、どんどん、誰かが喜んでくれることをやってしまう。

この「ギブ&ギブ&ギブ」の楽しさ。
あなたにもぜひ知ってもらいたいです。
ダマされたと思って、1日に1回、誰かに「感謝」されることをやるのを意識してみてください。
メールで、「ありがとう」って言われる程度のちょっとしたことで十分です。
それだけで、とんでもなくイイことが次々に飛び込んでくるようになりますよ〜。
(参考『誰もが無理なく夢を引き寄せる365の法則』水野俊哉著 きこ書房)

というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:22| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

『クレヨンしんちゃん』のスピンオフ

何をかくそう、チャーニーは学生のころ、漫画研究会に所属していました。
小学生のころから漫画を描いては友だちに回し読みをしてもらっていた話はここでも何度かしていますよね。

その漫研時代の友人でプロ漫画家の塚原洋一センセイが、なんと『クレヨンしんちゃん』の公式スピンオフ本を出版しました。
主人公はしんちゃんのお父さん、野原ひろし。
彼が『孤独のグルメ』の主人公のように、街角で昼飯を食べるという食漫画です。
タイトルは『野原ひろし 昼メシの流儀』(双葉社)。
https://www.amazon.co.jp/dp/4575848662/

読んでみたら、これが面白い。
カフェで読んでいて、つい笑ってしまい、咳ばらいでごまかしました。

表紙のカツ丼の絵がやけに美味そうだなと思っていたら、作者のブログでその制作秘話が載っていました。
http://tsukarazzi.at.webry.info/201610/index.html#1027

やっぱり、1枚の絵にこだわっているのですね。
そして、「漫画」というものが、漫画家を中心とした共同作業だということがよくわかります。

先日、アマゾンで発売開始になったチャーニーの電子書籍、『ワケあってボツ原稿』。
実はこの本の印象的な表紙は、20代の知人のデザイン。
彼の若い感性で作ってくれたいくつもの候補の中からチャーニーが選んで、それにさらに注文をつけて完成したものです。
いやー、有り難いかぎり。

さらに、まったくの好意から誤字脱字のチェックをしてくれた知人もいます。
これがまた、細かな誤字に気がついてくれて本当に助かりました。

漫画と同様、活字の本もまた「共同作業」のたまもの。
くり返しますが、本当に有り難いことです。
『ワケあってボツ原稿』はこちら。アマゾンで電子書籍が購入できるあなた、ぜひ!
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M4N5876/

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする