2016年09月14日

タカラジェンヌが人前でしてはいけないこと

先日、見るとはなしにテレビを見ていたら、元宝塚歌劇団のスターだった人が、宝塚音楽学校を訪ねるという番組をやっていました。
かつて自分が、あこがれの宝塚に入ったとき、バレエや歌、ダンスなどを学んだ学校ですね。

そこで、同行した女性アナウンサーと「私はバレエを始めた年齢が遅くて、他の生徒たちに比べてものすごくヘタでした。他の生徒には注意をしてくれる先生も、私には声もかけてくれませんでした」なんて思い出話をしているとき、アナウンサーがこんなことを聞いたのです。

「レッスンが厳しくて、泣いたりもしたのですか?」

この質問に対する元タカラジェンヌの回答に、チャーニーは思わず納得してしまいました。
「レッスン中に泣いたことはあるか?」という質問対して、彼女はこう即答したのです。

「タカラジェンヌはレッスン中には泣きません。レッスン中に涙を流すような人間は舞台に適していませんから、先生に『宝塚をやめて家に帰れ』って言われてしまいます。どんなにツラくても、泣くのは1人になったときだけです」

プロですね。
宝塚音楽学校の生徒たちは、10代にして、こうしたプロ根性を叩き込まれながら、宝塚の舞台に立つ日を目指すのです。

以前に、ビートたけしが「お笑い芸人は、親が死のうが、子供が死のうが、どんなにツラいことがあっても舞台に立ったら、バカをやってお客を笑わせなくちゃいけない」というようなことを言ってしました。

タカラジェンヌは「日常とかけ離れた夢の世界」を、そして、お笑い芸人は文字通り「笑い」を、人さまの前に立って提供するのが仕事。
お客さんにとっては、演者のプライベートなんて、いっさい関係のないことです。
どんなにツラい状況にいても、お客が望んでいるものを提供するのがプロなのですね。

何気なくテレビを見ていて出会った、元タカラジェンヌの言葉。
襟(えり)を正す思いです。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日々ありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:53| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする