2016年08月03日

失礼な相手には〇〇で返す

吉田茂首相の懐刀(ふところがたな)と呼ばれ、日本の戦後処理でGHQと渡り合った漢(おとこ)、白洲次郎(しらすじろう)は、完璧なイギリス英語を使いこなしたそうです。

ある日のこと。
次郎のことを快く思わないアメリカの軍人が、ちょっと皮肉をこめて「あなたは本当に英語がお上手ですな」と言ってきたとき、次郎はこう答えたそうです。

「あなたも、もう少し勉強をすれば、立派な英語を話せるようになりますよ」

ううっ、白洲次郎、カッコイイ!

では、もう1つ、失礼な外国人相手に対して、ユーモアでやり込めた人の話。
今度は、岡倉天心(おかくらてんしん)のエピソードです。
岡倉天心と言えば、『茶の本』などの英文著書によって日本文化を西欧に紹介し、アメリカへ渡ってボストン美術館の中国・日本部長になった人物。
この天心さんも白洲次郎同様、英語はペラペラでした。

そんな天心さんが、ある日、マンハッタンを歩いていると、1人のアメリカ人が、からかい半分でこう話しかけてきたそうです。

「あなたはどっちの『ニーズ』ですか? チャイニーズ? ジャパニーズ?」

中国人と日本人は区別がつきにくいので、失礼な聞き方をしてきたわけです。
これを聞いた天心さん、すぐさま、こう言い返したのだとか。

「あなたは、どの『キー』ですか? ドンキー? モンキー? ヤンキー?」

瞬時に、「おまえは、ロバか? 猿か? アメリカ人か?」と反撃したのですね。
ドンキーもモンキーも「おバカさん」という意味があるところがミソ。
とっさにこんなウマい切り返しをされた相手はさぞ面食らったことでしょう。
ここでもし、天心さんが「なんだ、その言い方は!」と腹を立ててしまっては野暮なんですね。
相手の失礼な言葉を逆手にとって、ユーモアをもってやり返したところがカッコイイ。

「カチンとくる失礼な相手にはユーモアで返す」

この精神、ぜひ、学びたいもの。
覚えておいて、実践すると、とてもスマートです。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:45| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする