2016年07月21日

『クイズダービー』に恋して

大橋巨泉さんがお亡くなりになりました。

私にとって巨泉さんというと、一番夢中になって観ていた番組は『クイズダービー』なんですね。
同番組は「倍率ドン! さらに倍!」「はらたいらさんに全部」などの流行語を生んだ人気番組。
一般の出場者が、はらさんや篠沢教授など、レギュラークイズ解答者の「クイズに正解するかどうか」に得点を賭けるというアイデアがまず画期的。
そして、何よりも私を夢中にさせたのは、出題されるクイズが「知識を問う」のではなく、「推理力で正解できるクイズ」だった点でした。

1回のオン・エアで出題される問題は8問(ごくまれに9問)。
ノートに8つの回答枠を書いて、毎週、番組と同時進行でクイズに挑戦して、まるで自分が解答者の1人になった気分で楽しんでいました。
いや、「楽しんでいた」というより、もはや「恋していました」ね。
だって、あなた、クイズダービーの正解率を上げたくて、時事ニュースをチェックしたり、雑学本を読んだりしていたのですから。
それでも、正解率は、ほぼ3割くらいでした。
そう、篠沢教授といい勝負でしたね(笑)。
毎週、最後の1問は難問で、それを推理で正解したときの快感たるや……。

短いシチュエーションコントだけでつなぐ『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』にしても、本来は値段がないものに値段をつけて、その金額を当てる『大橋巨泉の世界まるごとHOWマッチ』にしても、巨泉さんの番組のアイデアには、いつも「ひとひねり」がありました。
そして、そのアイデアをテレビ番組としてショーアップするのが実にうまかった。
その企画力、魅せ方など、勉強になることばかりです。

天才放送作家の永六輔さんに続き、番組企画の巨星がいなくなりました。
ちなみに永六輔さんの死去のニュースは、「ショックが大きすぎるから」という理由で、巨泉さんには知らされていなかったそうです。
巨泉さん、あっちの世界へ行って、永さんを見つけて驚いていることでしょう。
「なんだオマエ、先に来ていたのか馬鹿野郎」という声が聞こえてきそうです。

合掌。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする