2016年07月06日

夢中になって読んだ漫画たち

ある人のフェイスブックの書き込みで「自分が読んだ漫画のベスト5」という話題で盛り上がっていました。
チャーニーもそこへ書き込みをしようとして、自分は今までにどんな漫画を夢中で読んだかを思い出してみました。

『巨人の星』『天才バカボン』『ルパン三世』などは原作漫画よりもテレビで夢中になって観た作品です。
そうしたテレビ漫画やアニメ映画を入れると無限になってしまうので、それは除いて「漫画」に絞って思い出してみると…。

まず、『ブラック・ジャック』『アドルフに告ぐ』『ブッダ』など手塚治虫作品は外せません。
手塚治虫の場合は、『紙の砦』や『ザ・クレーター』など、短編漫画もいい。
あと楳図かずおの『漂流教室』『恐怖』は夢中になって読みましたね。
自分の本にも書きましたが、子供のころにジョージ秋山の『銭ゲバ』で幸せの本質を学びました。
そして、学生時代には高橋留美子の『めぞん一刻』でストーリー展開の巧みさを学びました。
大友克洋の『AKIRA』や『童夢』に、漫画の可能性の無限さを教えられたり。
『ドカベン』や『はじめの一歩』など、はじめはよかったけれど作者が息切れになってしまう漫画を読んで「ひっぱりすぎはよくない」と学んだり。

うーむ。
こうして振り返って考えると、ちょっとうがった漫画の読み方をしていますね、私。
まだまだ、夢中になった漫画をたくさん忘れていそうですが、このへんで。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:47| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする