2016年06月30日

天狼院書店の「リアルタイムクイズ」がすごい 4(完結編)

いよいよ生本番がスタートした、「天狼院リアルタイムクイズ」。

まずは読み上げ筆記クイズ20問。
この問題は、天狼院書店の山本さんらが作った問題をもとにチャーニーが取捨選択、修正、追加をしたもの。
それなりに「本」について強い人が残るように厳選した問題です。

今回は6名が挑戦。
「問題文は2回読んでください」というチャーニーの指示どおり、問い読みの山中菜摘さん(以下菜摘さん)がたどたどしく……ではなく、初々しく読み上げます。
菜摘さんにしても、本番直前に問題文を渡されていますから、じっくり読み込む時間はなく、ほぼ、初めて見る問題。「読み」がぎこちなくなるのもムリはなく、これがまた、生ダラ感たっぷりで実にイイ味になっています。
問題文の中に「徳富蘆花」が出てきたときは、「とくとみろか」とルビ(よみがな)を入れていたのですが、どこで切っていいのかがわからず、「とく……、とくと。みろか…」とつまってしまい、「トクト・ミロカ」って、まるで新進気鋭のイラストレーターの名前のようになってしまいました。
それに対して、解答者の1人から「それ、『とくとみ・ろか』じゃない?」とツッコまれるという……。
問い読みに解答者がツッコみを入れるなど、クイズ番組にあり得ない光景です。
そもそも、クイズ番組の筆記予選は、時間厳守、私語厳禁が普通なのに……。
何もかもが、クイズ番組の常識破り!

生ダラ感はそれだけではありません。
この筆記の最中、解答者やメイン司会の川代紗生さん(以下、紗生さん)がしゃべりたい放題なのです。
たとえば、「クレヨンしんちゃんの家に飼われているイヌの名前は何?」という問題が出ると、筆記に参加している三浦店長が「イヌ? あの家にイヌいた?」と裏返った声を発し、それに対して司会の紗生さんが「えー、そんなの常識ですよー、三浦さーん」とツッコむという具合。

筆記の採点時間の間は、別企画を挟み、後半はいよいよ早押しクイズです。
この早押しボタンが「ウルトラクイズ」のおもちゃの早押しボタンで、しかも、それぞれ単体で、誰が一番早く押したかは目視で判定というアバウトさ。
これもまた、チャーニーには驚きの光景です。

問い読みの菜摘さんは、「読み上げ筆記クイズ」同様、ゆっくりと、たまに、つっかえながら問題文を読み、それがイイ味を出しています。

司会の紗生さんも負けてはいません。
「最終コーナーは、1問3点! た・だ・し、間違うと、マイナス5点です!」と絶叫し、周りから「マイナス3点です」とささやかれ、「えっ、そうなの? マイナス3点です!」と本番中に修正する場面はなかなかのものでした。(たぶん、ルール修正前の台本を持っていたのだと思われます)

とてもイイのは、菜摘さんも紗生さんも、何があってもヘッチャラでニコニコと楽しく番組を進行していることです。

いやー、スゴイ!
この番組、クセになります!
私は、途中から「この番組、もしやクイズ界の伝説になるのでは……」と本気で思い始めていました。
それに、「こんなに楽しい視聴者参加型クイズ番組はないのではないか」とも。

クイズは、白熱のデッドヒートとなり、無事にも放送時間におさまって大成功。
とにかく、解答者の皆さんが、まだ本番中にもかかわらず、「いやーっ、面白かったー」と心からの感想が漏れたほど楽しい生番組になりました。

その楽しさが伝わったのか、番組終了時までに3000人を越える人たちに視聴していただくことができました。
今日、現在までの視聴者数は5900人まできています。

それにしても、4日前まで、ほとんど何も決まっていなくても、生番組って作れてしまうのですね。
三浦店長に教えられました。
番組は今後も継続の予定。
本に詳しいあなた。
ぜひ、挑戦してみてください!
あっ、ただし、クイズの手練れの皆さんは来ないでくださいね、世界観が変わってしまうので……(笑)

放送は生ですが、動画は下記にアクセスしていただければ、いつでもご覧になれます。
https://abemafresh.tv/tenroin/20156


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

天狼院書店の「リアルタイムクイズ」がすごい3

天狼院書店の「リアルタイムクイズ」本番当日。
3時間前に天狼院入りするチャーニー。
「問題制作委員会」として名乗りをあげたお客さんは全部で4名でした。
問題制作の持ち時間は約1時間!
天狼院書店の地下室に集まって、チャーニーが、クイズ問題の作り方を3分くらいでレクチャーして問題制作開始です。
レクチャーしたのは、「記憶に頼らず、間違った出題はしないようにする」「クイズは正解が出て初めて成り立つので、難しすぎる問題はダメ」など、クイズ作りの「いろは」と、問題文を面白く作るコツを少々。
クイズのテーマは「本」。
チャーニーは「もし、(難しすぎたりして)とても使えない問題ばかりだったら」と考えて、一応クイズ問題を持参してしましたが、さすが、天狼院書店の常連客!
思っていた以上に「使える問題」が多くて、ほっと胸をなでおろしました。

本番で使う、早押しクイズは25問です。
それに対して、問題制作委員会となったお客さんが1時間弱で作り上げた問題は23問で、そのうち、若干の修正などを加えて、本番に使えるレベルにあった問題は20問近くありました。
問題制作委員会の皆さんのレベルの高さのおかげで、私が手持ちした問題を補充することで、本番の1時間前にはクイズ問題を最終決定することができました。(「書き取りボードクイズ5問」は難易度の設定が難しいので、今回はチャーニーが作成)
とにもかくにも、問題さえそろってしまえば、もう、こっちのものです!

さて。
20時、天狼院書店の女性2人を司会(メイン川代紗生さん・問い読み山中菜摘さん)に、いよいよ本番がスタート。

この本番があなた!
これまでのクイズ番組の観念を破壊する画期的な内容になったのです!
いやー、チャーニーは目からウロコが100枚くらい落ちてしまいましたよ。

続く(ええーっ、まだ続くの!)。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 13:25| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

天狼院書店の「リアルタイムクイズ」がすごい2

池袋にある超アクティブな書店、「天狼院(てんろういん)書店」の三浦店長から、「来週、生放送を予定しているクイズ番組の顧問(=アドバイザー)をやって欲しい」と依頼を受けたチャーニー。

本番を土曜日にひかえた火曜日の夕方に、急きょ都内某所の喫茶店で打ち合わせをすることにしました。

とは言え、諸事業で、打ち合わせ時間は45分間のみ。
参加は、私と三浦店長、そして、番組スタッフの山本海鈴さんの3名。
打ち合わせでわかったのは、三浦店長も山本さんもクイズというものについて、ほぼ素人だということ(失礼!)。
そして、番組の具体的な進行も出題する問題もまったくフィックスされていないという、とんでもない事実でした。(これで4日後に2時間の生クイズをやろうしている度胸がスゴイ!)
しかも、店長が考えた番組のコンセプトは、「天狼院のお客さんがその日に考えたクイズに、天狼院のお客さんが挑戦する」という、危険極まりないもの。
クイズについて詳しい人なら、絶対に怖れてやらない企画です。(だって、オンエアできるレベルの問題が1問もできない可能性だってありますよネ)

打ち合わせは、現在の進捗状況確認、それと、チャーニーから「その日に来場者が作った問題は全問使えない可能性があるので、予備問題はぜったいに必要」などのアドバイスをして、それこそあっという間に終了しました。

さて。
それからは、山本さんとメールで当日の進行やルールなどを詰めていきました。
何しろ、土曜日が2時間の生本番。中3日しかありませんから、どんどん進めないとたいへんなことになってしまいます。

予選は、読み上げ筆記問題にしました。
これなら、出場者とともに、視聴者も同時に予選問題を解いて楽しむことができます。
本戦は早押し席が4つ(早押しボタンはなんと「ウルトラクイズのおもちゃ」のボタン! か、画期的!)あるとのことなので、筆記の上位4名に本戦に出てもらうことに決定。
予選問題は事前にスタッフで考え、本戦で使う早押しクイズの問題を、当日、お客さんに作っていただいて、私が選定と修正。そして、もし使える問題が少なければ問題を追加する、ということにしました。

ルールは、早押しクイズだけだと時間がもたないこともあり、また、番組に変化を持たせるために、途中でボードクイズ(問題文が読まれて全員がボードに書き込んで解答する形式)も入れることに。
ただ、ボードクイズは難易度の設定がとても難しいので、基本、番組スタッフサイドで事前に用意することに決定。

さて。

そんなこんなで、山本さんとメールのやり取りをするうちに、あっという間に本番の日を迎えたのでした。

続く(えっ、まだ続くんだ!)。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:06| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする