2016年03月02日

ケンブリッジ大学の採点

吉田茂首相の懐刀(ふところがたな)として日本の戦後処理にあたり、GHQから「従順ならざる唯一の日本人」と呼ばれた白洲次郎。

次郎が占領軍から一目を置かれた理由の1つは、彼がイギリスでの留学経験を持ち、完璧なイギリス英語をしゃべることができたからなのだそうです。
アメリカ軍のお偉いさんが皮肉を込めて「あなたは本当に英語がお上手ですな」と言ってきたとき、すかさず「あなたももう少し勉強すれば立派な英語を話せるようになりますよ」と言い返したのですからカッコイイ。

さて。
そんな白洲次郎がケンブリッジ大学で学んでいた頃のエピソードです。

あるときのこと。
次郎は物理学のテストで非常に低い点をとりました。
テスト前は完璧に勉強し、解答内容も悪くないのになぜか低い点。
首をひねりながら答案用紙をよく見ると、そこにはテストの採点をした教授からのメッセージが書かれていました。
そのメッセージにはこう書かれていたのです。

「君の答案には、自身の考えがひとつも書かれていない」

これを読んで「なるほど」と納得した次郎。
次のテストでは自分の意見を書いて高い点をもらったのだそうです。

次郎がこのときに学んだのは、「自分の頭で考え、そして行動するということの大切さ」でした。

生涯を通して「プリンシパル(原則)」という考えを貫き、信念に基づいてスジを通すことを重んじた白洲次郎。
その根底となる考え方は、英語同様、イギリス仕込みだったのですね。
(参考『白洲次郎100の箴言』笠倉出版社)

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:04| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする