2016年02月19日

食べる習慣の違い

いろいろな「習慣の違い」の中に「食べる習慣の違い」があります。
たとえば、オーストラリアのアボリジニの人たちは大きなイモ虫(ウィッチェティ・グラブ)を、生や焼いたりして食べる習慣があります。
チャーニーは「オエッ」となってしまいますが、これが食べると甘くて美味しいらしい。

さて。
私の知り合いに外国旅行が好きな人がいます。
ブラジル、エジプト、インドなど、あらゆる国へ行っていて、その国でしか食べない料理も積極的に食べている。
その方が、数日前、自分のフェイスブックで、カンボジア旅行のときの写真をアップしていたのですが、そのうちの1枚が、巨大グモ、タランチュラを口に運んでいるシーンだったのです。
それって、もはやバラエティ番組の罰ゲームの世界ではありませんか。

思わず「クモの味は?」と書き込みをするチャーニー。
その回答は次のようなものでした。

「足はとくに味なし、身はカニみそ味でした」

ひぇぇ〜〜!
上手いんだーーー!

カニみそ味って、チャーニーが好きな味かも。
とは言え、罰ゲームでもちょっと気持ち悪くて食べられません。

しかし、ここで一考。
考えてみれば、日本では海の中にいるあんな変な形をしたカニという生き物の甲羅の中にあるクジュグシュしたものを食べる習慣があるだけのこと。
たとえば、アボリジニの人が「日本人がカニみそを食べるシーン」を見たとしたら「オエッ」となるのかも知れません。

要は、最初に言った「食べる習慣」が違うだけのこと。
そこを忘れると、かつて欧米人たちがイヌイットのことを「エスキモー(=生肉をたべる人)」と呼んでさげすんだように、大いなる勘違いが生まれかねない。

相手の「習慣」を認めること。
これはコミュニケーションの基本の1つという気がします。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。

ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:06| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

料理研究家の言葉

料理研究家の辰巳芳子さんは、その著書『庭の時間』(文化出版局)の中で、梅干しなどの「仕込みもの」(=保存食)を作るときに必要な心がまえとして、次のような言葉をあげているそうです。

「先手、段取り、用意周到、念入り」

後手にまわらないように先手を打つ。
手順を間違えず、効率よく進められるようにちゃんと段取りを考えてからことに臨む。
あとから「しまった」と思わないよう、「抜け」がないか考えて用意する。
心を込めて念入りに行なう。

これって、何も料理に限らず、「イイ仕事」をするための……、というより、「イイ人生」を過ごすための秘訣そのものです。

「料理をする」って、人生の上手な過ごし方に通じるものだったのですね。

チャーニーはこの辰巳さんの言葉を松浦弥太郎さんの本で知りました。
勉強になりました。
(参考『あなたに贈る人生のくすり箱 愛さなくてはいけないふたつのこと』松浦弥太郎著 PHP文庫)

3冊目の文庫本、あと少しで入稿です!

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:03| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

手持ちの武器

今、書いている本の原稿。
全部で48個の物語を収録する予定。
現在までに47個完成していることはここでもすでにお話をしました。

最後の1つとして候補に挙がっている話がいくつかあり、どれにしようか少し迷っています。
迷っている時間がもったいないので、先に「原稿の各章への振り分け」と「目次」「主な参考文献」のページの作成を終えました。
そして現在は、すでに1度書き終えた48個の原稿のリライトに入っています。

リライトとは簡単に言えば誤字脱字のチェックを含む「原稿修正」。
作者自身がやる場合は推敲(すいこう)と呼ぶのが正しいのかも知れませんが、チャーニーの場合、「あかの他人」が書いた原稿を読むつもりで、まさに「リライト」しています。
これは、チャーニーが前職で20年以上も社内報の編集者をしていたから。
社内報に寄せられる社員からの原稿をリライトしていたので、リライトはお手のものなのですね。

この「自分の原稿をリライト感覚で直せる」というのは、チャーニーの大きな強み。
おかげで、編集者の皆さんからは原稿にほとんど直しが入らないのです。

社内報を担当していたあの頃、まさか将来、こんなふうに「リライトの経験」が役立つようになるとは思ってもみませんでした。
人間、何がどうなるかわからないもの。
「経験」を積めるときは「積んでおいたほう」が、「手持ちの武器」が増えていいですね。

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:32| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする