2016年01月05日

アラブ諸国で韓国製のスマホが売れるわけ

少し前に読んだ本にちょっと面白い話が出ていました。

アラブ諸国でもっとも売れているスマートフォンは、韓国のサムスン電子という会社が作ったものなのだそうです。
その理由というのが、なかなか納得の理由でしたので紹介しますね。

そもそも、サムスン電子では、諸外国向けのスマートフォンを開発するときには、社員をその国に1年間駐在させて、「現地の人たちと仲良くなること」を命じるのだとか。
そうやって、その国の文化を学んでから製品を開発するのです。

アラブ諸国の人たち……というよりイスラム教徒の人たちは1日に5回、聖地メッカがある方角を向いてお祈りをします。
普段はよいのですが、出先などでは「どっちがメッカなのか」がわからなくなってしまうこともありますね。
サムスン製のスマートフォンには、この「メッカがどっちにあるか?」がわかる方位磁石のアプリが標準装備されているのです。
たとえ海外旅行をしていても、メッカの方角がわからなくなる心配がなく、とても便利。
これは売れるわけです。

お客様と親しくなって、本当に相手に必要なものを提案する。
サムスンの戦略って、営業マンの王道そのものです。

人づきあいもそうですね。
相手と仲良くなって、相手のことを深く知れば、その人に何が必要か、何を贈れば喜んでくれるかがわかるようになります。

商売もコミュニケーションも、「相手のことを知る」のがスタートです。
(参考『なぜ非常識な人ほど成功するのか』夏山直道著 ぱる出版)


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:52| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする