2015年10月26日

黒澤明監督とプレーンオムレツ

今は亡き日本映画界の巨匠、黒澤明。
これは黒澤監督が体験した、ちょっと笑える(?)話。

大食漢のイメージが強い黒澤監督。
しかし、朝食はあっさりとプレーンオムレツだけで済ますのが好きだったそうです。
ある映画の撮影で地方へ行ったときのこと。
宿泊先の小さなホテルで、監督は「朝食は部屋で食べるから、プレーンオムレツをひとつ」と、製作担当者に頼みます。
レストランへ行き、「プレーンオムレツひとつなんだけど、できるかな?」とボーイに頼む制作者。
「は? はい。ちょっと、お待ちを」とボーイ。

待つこと約20分。
やっとトレイにのせたオムレツがうやうやしく運ばれてきます。

黒澤監督が食べてみると、「プレーン」を注文したのに、オムレツの中に小さく刻んだハムが入っている。
「まあ、地方のホテルなりのサービスか」と思い、文句を言わず黙って食べる監督。
これもサービスなのか、オムレツの横には小さなプリンまで添えられていた。
監督はそれも黙って食べた。

さて。
それから数か月後。

黒澤監督。
自宅で朝食にプレーンオムレツを食べているとき、ふと、考えます。
「それにしても、あのホテルのオムレツには、どうしてデザートにプリンがついていたのだろう」
その瞬間。
突如、監督の頭に答えが閃いた。

「あ! あれはプレーンオムレツではなく、プリンオムレツだったんだ!」

そう。
たぶん、ボーイが聞き間違えて、シェフたちに「黒澤監督からプリンオムレツのご注文です」と厨房に伝えたのでしょう。
シェフたちは、初めて聞くオーダーに戸惑いながら、苦肉の策で、プリンを添えたオムレツを出してきたのでした。

黒澤明監督が、映画『乱』を撮影していたときの、なんとも微笑ましい話です。

というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

同期がアマゾンで総合1位に!

昨日、ひとつの奇跡的な出来事を目撃しました。

チャーニーが通い、現在は塾長補佐になっている電子書籍の出版を学ぶ晴山塾。
その第4期生の同期に、元CAのYさんがいます。

彼女が書いた本が、昨日、なんとアマゾンの電子本総合ランキングで、なんと1位になったのです!
しかも、ドラマ化で話題の『下町ロケット』を抜いての1位。
もちろん、昨日、その本が「日替わりセール」の対象に選ばれたという追い風はありました。
しかし、たとえそれでもスゴイこと。
NHKの朝ドラ『あさが来た』風に言えば「びっくりポンや!」です。

奇跡を起こした本は、これ。
http://www.amazon.co.jp/dp/B010K2CXBQ/

今朝の今、この時点でもまだ総合で2位につけています。
つい半年前まで、本を書いたこともなかった人にも、こんなことが起こる。
これだから人生はオモシロイですね。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:56| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

笹野さんの選択

前回、個性派のおじいちゃん役者(前回に続いて失礼!)の笹野高史さんが目撃した渥美清さんのエピソードを紹介しました。
それに続き、今回は、ご本人。笹野さんのエピソード。

山田洋次監督に気に入られて『男はつらいよ』に出演していた笹野さんに、ある日、こんな話が舞い込みます。
「山田監督の脚本で、漫画『釣りバカ日誌』が西田敏行さん主演で映画化されることになった。ついては、ぜひ笹野さんに出演してもらいたい」
監督に起用された栗山富夫さんから笹野さんに提示された役柄の候補は次のふたつ。

ひとつは「主人公のハマちゃんが東京へ赴任する前の上司役」。四国の支店でハマちゃんに東京への異動を告げる役で、けっこうセリフが多い。

もうひとつは、スーさん(=ハマちゃんの会社の社長で、釣りを通してハマちゃんと友達になってしまう)の運転手役。セリフはほとんどなし。

栗山監督から「どっちでも好きな役を選んで」と言われて迷ってしまった笹野さん。
栗山監督に質問をします。
「弱ったなぁ、ちなみにスーさんはどなたがやられるんですか?」
「三國連太郎さんがやります」
「なるほど。じゃあ僕は、スーさんの運転手役をやらせていただきます!」
「えっ? そっちはセリフ少ないよ」
「いいんです。三國さんと共演させていただけるんですから」

役者は、少しでもセリフが多い役を選ぶのが普通。
でも、このときの笹野さんは迷わず、尊敬する偉大な役者、三國連太郎との共演を選んだのですね。
結果はご存じのとおり大正解でした。
『釣りバカ日誌』は評判となりシリーズ化。
笹野さんは「スーさんの運転手役」としてずっとシリーズの顔として出演が続くことになるのです。
もし、ハマちゃんの四国時代の上司役を選んでいたら1回の出演でサヨナラになるところでした。
笹野さんはこのことについて、「たぶん、これまでの人生で僕が選んできたものの中では、あれが一番大当たりでした」とまで言っています。

チャーニーの持論の1つに次のようなものがあります。

「お金も、仕事も、幸せも、全部、人が運んでくる」

笹野さんは三國さんという「人」を選んで、幸運をつかんだのですね。

何しろ当時の笹野さん、街を歩いていると、「あっ、スーさんの運転手の人」「あっ、釣りバカの運転手」と言ってもらえることが多かったとか。
いかに、運転手役がハマっていたかが伝わってきますね。
役者にとって、ハマリ役で呼ばれることは勲章のようなもの。
笹野さんも、「笹野」と呼ばれるより、「スーさんの運転手」と呼ばれるほうが嬉しかったそうです。

人生や仕事で選択を迫られたときは、「人」を選択基準のトップに持ってくるといい。
そうすると、他のものは、あとからついてくる。
チャーニーはそう信じています。
(参考『待機晩成』笹野高史著 ぴあ株式会社)

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:33| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする