2015年09月18日

崎陽軒の社長の言葉から

この前、テレビ東京の『カンブリア宮殿』という番組を観ていたら、シウマイ弁当(=崎陽軒ではシュウマイをシウマイと表記)で有名な崎陽軒の野並直文社長が出ていました。(2015年9月10日放送)

「ナショナルブランドは目指さない。真に優れたローカルブランドを目指す」
そんな企業理念に掲げる同社。
横浜の地にしっかりと腰を据え、昔ながらの味を守り続けています。

「駅弁なので、お客がこぼさないように、シウマイはひと口で食べられる大きさにする」
「水気を吸ってごはんが美味しくなるように、容器は経木(=きょうぎ 杉やヒノキなどを薄く削ったもの)を使う」
「容器はヒモで結ぶ」

など、中には人件費や材料費を考えると億円単位の損失になることも、「良いこと」と思えば、ずっと続けているのです。

番組の中で野並社長はこんなことをおっしゃっていました。

「『変えてはならないもの』ほど、変えやすい。「変えるべきもの」ほど、変えるのが難しい。だから、よく間違えて、逆をやってしまう」

そう。
「変えてはいけないもの」なのに、変えるのが簡単だから、つい変えてしまう。
「変えるべきもの」なのに、変えるのがたいへんなので、ついそのままにしてしまう。
とてもよく分かります。
わかるけれど、これをやってしまうと、企業に未来はないのですね。

最近。

日本は、この間違った道を歩んでいる気がします。

「変えてはいけないもの」を変えて。
本当に「変えるべきもの」には手をつけない。

特に、「変えてはいけないもの」を変えると、国として、致命傷になるような気がしてなりません。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:06| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする