2015年09月17日

田中角栄、伝説のスピーチ

前回に続いてかつての首相、田中角栄さんの話。

角栄さんは、政治家がよく使う「前向きに」「善処したい」など、あいまいな表現を使ってごまかすことを嫌ったそうです。

「雄弁」について、角栄さんはこう言っています。
「本当の雄弁は相手の心をとらえる。聞く人が『今日は良かったな』と思う話をする。それが本当の雄弁というものだ」

なるほど、「善処したい」などと言っていては、たしかに相手に何も伝わりません。

角栄さんの説得力は圧倒的で、とにかく言葉に力があった。
議員たちの間では、「田中角栄と会ってはいけない」と言われていたそうです。
理由は「(話をしても)説得するのは不可能で、逆に取りこまれてしまう」から。

首相まで務めた大平正芳氏でさえ、「田中に会うとヤツの言うとおりになる。会わないで話を決めないといかん」とぼやいていたというのですから、その説得力はもはや魔物の領域です。

さて。
そんな角栄さんが1962年に大蔵大臣(=現在の財務大臣)に就任したとき、日本の超エリートといえる大蔵官僚を前にして行なった演説は「伝説のスピーチ」と呼ばれているそうです。
何しろ小学校の高等科しか出ていない男が自分たちのトップに立ったわけで、官僚の中には角栄さんを内心で小馬鹿にしている者もいたはず。
しかし、角栄さんの就任スピーチはそんな思いを吹き飛ばすものだったのです。
角栄さんのスピーチはおおよそ以下のようなものでした。

「私が田中角栄だ。
尋常小学校高等科卒業である。
諸君は日本中の秀才であり、財政金融の専門家ぞろいだ。
私は素人だが、トゲの多い門松をたくさんくぐってきて、いささか仕事のコツを知っている。
これから一緒に国家のために仕事をしていくことになるが、お互いが信頼し合うことが大切である。
思い切り仕事をしてくれ。
しかし、すべての責任はこのワシが負う。
以上!」


もう何も言うことはありませんね。
こんなことを言う上司が目の前に現れたら、チャーニーはイチコロで取りこまれちゃいます。
「言葉」のチカラって、すごい。
(参考『田中角栄100の言葉』別冊宝島編集部編 宝島社)
※伝説のスピーチの部分は同書を参考にネット等で調べて補足をしてまとめたものです。

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:23| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする