2015年09月14日

剣豪のテスト

塚原卜伝(つかはらぼくでん)という剣豪をご存じでしょうか?

囲炉裏(いろり)の前で食事をしている時に背後から斬りかかられて、とっさに鍋のフタを盾がわりにした…というエピソードが有名な人です。
どうもこのエピソードはウソのようですが、生涯に19回も真剣勝負(=本物の日本刀での勝負)をして一度も負けなかったというのですから、強かったことはたしかです。

さて。
この卜伝さんが、3人の息子のうち誰を自分の剣術の後継者にするかを決めるためテストをしたという話が残っています。
テストの方法は、「座敷の入口に、中に入ろうとすると頭にマリが落ちるように仕掛けをして、どんな対処をするかを見る」というものでした。

まず、長男。
彼は座敷に入る前に仕掛けに気がつき、そのマリを外してから中に入りました。

次の次男。
彼は座敷に入ろうとした瞬間、何かが頭に落ちてくることを感じて刀に手をかけますが、それがマリだと気がつくとそのまま座敷に入りました。

最後の三男。
彼は頭に落ちてきたマリをとっさに抜いた刀で、ものの見事に真っ二つに斬ってから座敷の中に入りました。

さあ、この3人の息子のうち、剣豪塚原卜伝が後継者に選んだのは誰だと思いますか?
ちょっと考えると、落ちて来たマリをとっさに斬った三男が一番スゴイように思えますよね。

でも。

卜伝さんが後継者に選んだのは長男でした。
理由は「危険を事前に察知する能力にすぐれているから」。

卜伝さんは、次男はある程度評価したものの、マリを真っ二つに斬った三男に関しては「未熟!」と断じたそうです。
「それくらいの危険を察知できないとは修行が足りない!」というわけですね。

「孫子の兵法」にも、最高の勝ち方は「戦わずして勝つこと」とあります。

現代社会においても、「危機に陥った時にうまく処理できる人」よりも、「リスク管理がしっかりできていて、そもそも危機を回避できる人」の方がすぐれているというのは言うまでもないことでしょう。

天下無敵の剣豪は、リスク管理という点でもすぐれていたからこそ「無敵」を維持できたのかも知れませんね。
(参考『文句なしに凄い! ここまで「気がきく人」』山形琢也著 三笠書房)


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:07| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

信長のダジャレ

少し前にテレビを観ていたら、あの織田信長が「戦(いくさ)へ出向くにあたり、兵たちの前でダジャレを言って、場をなごませたことがある」という話をしていました。

本当なのかなと思って、調べてみたら、どうやらちゃんと記録(=『尾張名所図会』の一節)に残っている実話のようです。

時は永禄3年(1560年)。
今川義元との戦(=桶狭間の戦いですね)に出向くにあたり、信長は戦勝祈願のため、兵たちを連れて熱田神宮を訪れました。
信長は、熱田神宮に願文を奉じたあと、熱田の地侍、加藤図書助順盛(かとうずしょのすけのぶもり)に声をかけ、「神前に捧げるお神酒(みき)の酌をせよ」と命じます。
加藤さんも驚いたでしょうね。
何しろ信長じきじきの指名ですから。
言われるままにお神酒の酌をする加藤さん。
すると信長、ここでこう言ったのです。

「加藤よ、今日の戦は勝とう!」

渾身のダジャレです。
これが言いたくて、わざわざ加藤さんを指名したのですね。

信長は、このギャグを飛ばしてから神前にお神酒を捧げたのだそうです。
この時、信長が出向こうとしていた戦は、正直、勝てっこない戦でした。
信長も、兵たちも、死ぬ覚悟でのぞんでいたはず。
そういう状況の中での会心のギャグだったのです。
信長にすれば、兵たちの緊張をほぐし、さらに「加藤」と「勝とう」をかけることでゲンをかつぎ、運気も士気も上げようとしたのでしょう。

現代ならドン引きされかねない「オヤジギャグ」ですが、このダジャレを聞いた兵たちの多くはこう感じたのではないでしょうか。

「おっ、うちの大将、意外と余裕があるな」

だって、緊張がガチガチになっていたら、とてもギャグは飛ばせませんからね。

このダジャレのおかげで……というわけではありませんが、桶狭間の戦いが信長軍の「奇跡的勝利」に終わったのはご存じのとおり。

ダジャレ1つで兵たちの士気をあげた信長。
この時、27歳。
やはり、すでに大物だったようです。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:44| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

コボちゃんのオアシス

読売新聞に連載されている植田まさしさんの四コマ漫画『コボちゃん』。
その中にこんな話がありました。

タイトルは「通知表」。

1コマ目。
学校から通知表をもらってきたらしいコボちゃんは、それをママに見せています。
どうも、あまり良い成績ではないらしく、眉間にシワをよせて「ウーン」とうなるママ。
2コマ目。
通知表を見て、今度はおじいちゃんが「フーム」とうなっています。
3コマ目。
会社から帰ってきたらしいパパが、ネクタイを外しながら通知表を見て「つぎ、がんばるんだな」と言っています。

そして、最後の4コマ目。
通知表を見ているおばあちゃん。
満面の笑みでこう言っているのです。

「えらい!! 1日も休んでないのね」

それを聞いたコボちゃんは、おばあちゃんの背中に抱きつきながら言います。

「おばあちゃんてボクのオアシス」

失敗などをして落ち込んでいる時。
自分の良いところを見つけて、励ましてくれる人がいると、ちょっと元気になれます。
例えば。
慎重になりすぎて失敗してしまった時、「今回はウラ目に出たけど、いつも慎重に事を運んでくれて、助かっているよ」なんて言ってもらえたら、泣けてきてしまいます。

そういうことを言ってくれる人は、自分にとって、とても有り難い存在。
本当に「心のオアシス」です。

逆に言うと、人から「オアシス」と思ってもらえるような人になれたら素晴らしいですよね。
そうなるためには、まずは自分の心が平安でないといけない。
ツラいことを経験しているほうが、ツラい人の気持ちが理解できるので、そういう経験は必要です。
でも、それによって自分が落ち込んでいたら、とても「他人のオアシス」になんてなれません。

まずは、自分自身の心をおだやかに。
そうしたら、コボちゃんのおばあちゃんのように、落ち込んでいる人に「元気」をプレゼントしちゃいましょう。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:09| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする