2015年08月13日

「好きな事は辛くない」はウソ?

「好きな事は辛くない」って言いますよね。
よく例に出されるのは、「朝、4時に起きるのは辛い。でも、大好きなゴルフに行くためなら、辛くもなんともない」。

チャーニーも、昨年、本の執筆が重なった時には、短い時間を活かすために駅のベンチで執筆した事もありましたが、それを「辛い」とは思いませんでした。
でも、この「好きな事は辛くない」という言葉。
「たいへんさ」が限度を超えると通用しなくなるようです。

かつて、大相撲で「若貴ブーム」が起こった事がありました。
1990年代の前半、若花田(=のちの若乃花)と貴花田(=のちの貴乃花)の兄弟力士が大人気となったのです。
その人気のさなか、インタビューで「稽古は辛くないですか?」と聞かれた貴花田はこう答えています。

「稽古が辛くないと思った事は1度もない」

相撲は好きで好きでしかたないけれど、厳しい稽古は辛いんですよ…やっぱり。
さっきのゴルフに例えると「毎日、3時に起きて素振りを2000回やって、パットを連続で10回入れるまで練習してからゴルフ場に向かう」というくらい辛い(どんな例えや!)

日本人でありながら、英国のロイヤル・バレエ団のプリンシパルを22年間も務めたバレリーナ、吉田都さんも、その厳しい練習についてこんな事を言っています。

「辛いとは思っても、やめたいと思った事はない」

この言葉がすべてを言い表している気がします。
最初の「好きな事は辛くない」を補足すれば、「ものすごく辛くても、好きな事はやめられない」という事ですね。
逆に言うと、「すごく辛い」のに、「どうしてもやめられない事」があなたにとっての「天職」と言えるかも知れません。

あなたにとって、「辛くてもやめられない事」とはいったい何ですか?


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:30| Comment(0) | ライフスタイル? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする