2015年08月26日

「本のタイトル」で、編集者に感謝

ビジネス書のタイトルの多くは、本の著者ではなく出版社が会議で決定しています。
編集会議で「どんなタイトルにすれば買ってもらえるか」を真剣に議論して決めているのです。

もちろん、本の企画書の段階では、作者はタイトルやサブタイトルを考えます。
でも、それがそのまま本に反映されるのはごくまれなこと。
チャーニーで言えば今まで8冊出して1冊だけでした。

なので、チャーニーは編集者と最初に打ち合わせをする時に「タイトルと表紙のデザインはプロフェッショナルにお任せします」と言ってしまうことにしています。
そう言っていても、ちゃんと、タイトルや表紙の候補案をいくつか見せてくれますから、その時に初めて「この表紙がいい」とか「このタイトル案のAとサブタイトル案のCを合体させてメインタイトルにしてはどうでしょう」などと意見を伝えるようにしているのです(その意見はもちろん通る時もあれば通らない時もあります)。

さて。

現在、進んでいる次の本は「小説形式のビジネス本」です。
この本の(というより小説の)タイトルは、ずっと悩んでいて、ある日、カフェで原稿を書いている時に雷に打たれたようにひらめいたもの。
思い入れがあるタイトルなので、今回の本に限っては編集者へ「サブタイトルはお任せしますが、メインタイトルだけはこれでお願いしたい」と言っていました。
幸い、担当編集者のOさんは小説の中身をすごく気に入ってくれて「私もメインはこのタイトルで行きたいと思っています」と言ってくださっていたのです。

と・こ・ろ・が。

少し前に「メインタイトルが『ターゲットの読者に対してどんな本なのか伝えにくい』と、営業部門から猛反対にあっている」と途中経過の連絡がありました。
営業の皆さんは書店に本を売り込む立場ですから、「売り込みにくいタイトル」は当然、避けたいわけですね。
そして、数日前。
最終案としてメールで送られてきたメインタイトルとサブタイトルの案には、チャーニーが考えたタイトル案はどこにも入っていなかったのです。

チャーニーが考えたタイトル案は、単に「気に入っている」というだけではなく、小説の中でキーワードの1つとしても使っていて、「これは困った」と思いました。
それで「サブタイトルの中でも良いので入れられませんか」と打診していたのです。

その打診に対する編集のOさんからの回答が先日ありました。
要約すると次のようなもの。

「チャーニーさん(仮名)からのタイトル案は宣伝帯の中に入れ込みます。さらに、本の3ページ目にあたかも本のタイトルのように1ページをとって入れ込む。そして、本のカバーをとった本の本体の表紙にも隠れタイトルとして入れ込もうと考えています」

ひゃー。
もう、そこまでやっていただければ何の文句もありません。
編集のOさんにひたすら感謝です!

Oさんは、今回のチャーニーの小説を「面白い」と、とても感情移入をしてくださり、それこそ、作者の私以上に読み込んでくださっていました。
そもそも、小説形式の本がとても売れにくい中、「小説形式」を押し通してくださったのもOさんなのです。
いや〜、チャーニーは本当によい編集者さんと出会うことができました。

人との出会いに感謝です。
Oさん、あらためてありがとうございます!

というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。

ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 09:30| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

「塾長補佐」になりました!

紙の本を130冊以上も執筆している晴山陽一先生が主催する「晴山塾」。
チャーニーはその塾の「第4期生」として電子書籍の出し方を学び、『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』というkindle本を出しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

その活動中、すでに紙の本を7冊出していた(現在は8冊)チャーニーは、同期のメンバーへ「原稿の書き方」等についていろいろとアドバイスをしたりして、いつの間にか「チーフ」と呼ばれるようになっていました。
それで…。

このほど、「晴山塾」の「塾長補佐」に就任することが正式に決まりました。

塾生たちが本を執筆する上で疑問を感じたり、行き詰まったりした時に、塾長の補佐としてアドバイスをするのが役目。
4期の塾生だった時にやっていたことの継続ですね。

塾生として参加を決めた時、まさか、こんな展開になるとは夢にも思っていませんでした。
人間万事塞翁が馬。
何がどうなるかわからないものです。


というわけで、
ではまた。

今日があなたにとって、よい1日でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 07:34| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

黒澤監督とトラ

完璧主義者として知られた映画監督の黒澤明。
まだCGがない時代、雲がイメージしている形になるのを待って撮影を始めたり、ロケ地で民家から邪魔に伸びている木の枝をお金を払って切ってもらったりと、たくさんの伝説を残しています。
これからお話するのはそんな伝説の1つ。
黒澤明監督とトラのお話。

映画『デルス・ウザーラ』を撮影している時のこと。
主人公の猟師、デルス・ウザーラが野生の虎と出会うシーンがありました。
スタッフが動物園から借りて来たトラを見た監督、「小さすぎる! もっと大きなトラを!」と注文を付けます。
スタッフが動物園から大きなトラを調達してくると、今度は「眼が死んでいる! 野生のトラでないとダメだ!」と注文。
スタッフが苦労して野生のトラを調達してくると、「ダメだ、まだ小さい…」。

さて、
ここで、いきなりクイズ。

何度トラを調達してもなかなか黒澤監督のOKが出ないことに困ったスタッフたち。さて、いったいどうやって「野生の大きなトラ」を用意することに成功したでしょうか?



…。



…。



シンキングタイムです。



…。



…。



「一流のハンターを雇った」ですって?
違います。



…。



…。



そろそろ答えです。



…。



…。



スタッフたちが「野生の大きなトラ」を用意した方法。



…。



…。



それは、



…。



…。



…。



撮影を遅らせて、調達してきた小さな野生のトラを大きく成長させた。


なるほど、その手があったかという感じです。
ビジネス的に言えば、「手持ちの札」を変化させて利用したというわけ。
ムリを言う人のニーズに応えようとすると「知恵」が出てくるものですね。

スタッフたちの苦労もあり、トラのシーンの迫力はなかなかのもの。
もし『デルス・ウザーラ』を観る機会があったら、「これが、スタッフが育てたトラか〜」と思ってくださいませ。

私はこのエピソードを某バラエティ番組で観たのですが、ゲストのタレントが「スタッフに育てられるうちに、そのトラの眼が死んだら、また、やり直しやん」とツッコんでいました。
はははっ。
たしかに!


というわけで、
ではまた。

今週があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、7月発売の初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:05| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする