2017年01月20日

ヨーソローの思い込み

映画などで、船乗りが「面舵(おもかじ)いっぱーい!」とか「取り舵いっぱーい!」と叫んでいるシーンを見たことがありませんか。
いう間でもなく、「面舵」は船の進路を右にとること、「取り舵」は左にとることですね。
同じように、船をそのまま直進させるとき、船員が「ヨーソロー!」と叫んでいるのを見たことがあると思います。

この「ヨーソロー」という言葉。
どこの国の言葉かご存じでしょうか?

先日、テレビを見ていたら、この言葉を目にし、「そう言えば、この言葉って何語なのだろう?」と思って調べてみました。
そうしたら。
今の今まで、ずっと勘違いをしていたことがわかったのです。
チャーニーは、この「ヨーソロー」という言葉、たぶん、英語がなまったものか、イタリアあたりの言葉だと思っていたのです。
ところが……。

答えはなんと、日本語。
しかも、漢字で「宜候」、または「好候」とも書くというではありませんか!
語源は「宜しく候(よろしくそうろう)」。

まさか、「よーそろー」に漢字があろうとは。
しかも、「ソロー」の部分が「候(そうろう)」だったとは!
思い込みというのは恐ろしいものです。
これって、私以外の人には常識なのでしょうか?

あらためて、「知った気になっていること」を調べることの大切さを認識したのでした。


というわけで、
ではまた。

今週末があなたにとって、よい日々でありますように。


ブログランキングに登録しています。もし、少しでも面白いと思っていただければ、プチッとお願いします。
ここをクリックするとランキングのページに飛びます。ランキングのページが開けば、それがこのブログへの一票となります→にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


初の小説形式のビジネス本、伝説にして現役のカリスマ販売員、河瀬和幸さんとコラボした『「読むだけで売れる」魔法の本』(産業編集センター)はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4863111258/

電子出版専用の本『「本を出版したい!」あなたへ贈る、ナイショの知恵袋(アンチョコ)』はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B010KNJRJ6

三笠書房の王様文庫、初の文庫本、『夜、眠る前に読むと心が「ほっ」とやわらぐ50の物語』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4837967590/
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13291587/

『逆転スイッチ』
アマゾンはこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4046539763/ref
楽天はこちら
http://books.rakuten.co.jp/rb/13021410/

『小さな幸せに気づかせてくれる33の物語と90の名言』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761270276/
『仕事に効く!ビジネスをハピネスに変える考え方のコツ』はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4863110960/

『人生を変える「きっかけ」のつかみ方』(U−CAN)はこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4426605911/

『10分で読める一流の人の名言100』です↓
楽天はこちら↓
http://books.rakuten.co.jp/rb/12798136/
アマゾンはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4780414814/

『大切なことに気づかせてくれる33の物語と90の名言』のアマゾンページはこちら↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4761269421/
posted by チャーニー at 08:36| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする